parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 13日

ヒゲよさらば

【大宮3-6FC東京】
何もない グルッと見見回せば イライラも 歯がゆさも
           (新しい人/フィッシュマンズ)


 まるで箍が外れたかのような大量失点。そしてガス大爆発。試合が終わった時、悔しいと言えば悔しかったし大宮が情けなかったとも感じたし、でも反面よくやったとも思ったし、何だかヘンな感じ。試合後に挨拶に来た選手達に対しては、健闘を称えるでもなく愚痴をたれるでもなく、ただ選手達を見てるだけしかできませんでした。
 あと、公式戦で負けたので、9月4日以降伸ばし続けていたあごヒゲを切ります。

 3-3のドローに追い付いたところからはPK戦に持ち込んじゃうくらいの我慢をして欲しかった、とは個人的な感慨。これでもし茂庭がいたら…と考えたらちょっと怖くなったりして。こっち側もブラジルトリオがいなかったのはやっぱり痛かったです。J1を相手にするなら、チームを鍛えて強くさせるのは勿論、良い選手を連れて来て手っ取り早く強くさせちゃうってのも凄く大切なんだと思い知りました。
 今回の対戦、大宮としては勉強になったんではないかと思います。あと、応援の方でも何かしら考えさせられるような感じがしました。うぅむ。

 鹿児島には初めて行きましたけど、なかなか良いところだと思います。桜島はでっかいです。試合の翌日は市内をちょこっと歩いたんですけど、幕末系の石碑とか銅像がたくさんありましたね。鹿児島では今でも西郷隆盛の悪口を言うと地元の方にぶん殴られるって話を聞いたことがありますが、あながち作り話とも思えない感じ。。。
b0010964_2033498.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2004-12-13 20:37 | 大宮アルディージャ


<< 今年のJはおしまい      薩摩の国の武州戦争 >>