parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 07日

扉は斯くして開かれたり

【G大阪0-2大宮】

 大宮は、よく戦った。よく戦ってたから、勝てて良かった。大宮はJ1に来てもやっぱり大宮っぽくて、それも嬉しいもんです。取りあえず、初戦でしか味わえない感覚をナマで目一杯感じまくれた自分は、幸せ者であります。

 試合の事を思い出してみると、みんなめちゃめちゃ集中してた。あんだけ引き締まってれば、吉原のループをトニーニョが神セーブしたのも当然でありましょう。でも、最初だけじゃ困りますんで、今後も集中集中でお願いしたいところ。
 攻撃面でも、まずはあれだけカウンターかませられれば十分だと思った。あとはミスが減ってきてポゼッションが高まれば、もっといいものが出せるとも思いますし。桜井が自分の思い入れ通りの働きっぷりだったのは、涙が出そうな程に嬉しい。

 まだ一日しか経っていないのに、数日前の出来事のように感じてしまう。それはそれで、気持ちのリセットもできて良いことではあります。あの時の事はずっと覚えてるだろうけど、引きずる訳にはいかない。
[PR]

by f.c.barg | 2005-03-07 00:10 | 大宮アルディージャ


<< ジンクス成立か?      生き残りファイトゲーム >>