parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 23日

隣の赤はよく客来る赤だ

 ダービーといっても、いまいちピンと来ない。自分が海外かぶれであったならばもっと盛り上がったりしただろうか?
 とは言え、友人知人には浦和系の方が多い。そういった個人的な人脈を思い浮かべれば「ダービーだぁ!」と叫べないこともないかも知れない。

 大事なのは、選手の目の色だと思う。今の時点でサポが「ダービーだダービーだ」と騒いでも、状況に流されているだけのお調子者か、或いはただのお祭り好きと目されても致し方ないのではないか、と。そんな風に思う。
 幸い、自分はナマで立ち会えるチャンスを得た。しかも、行儀の良い傍観者ではなく、試合に係われないくせに割り込もうと大騒ぎするタチの悪い傍観者として。

 ダービーは傍観者がつくるものではなく、あくまで選手がつくるものだと思う。誤解されても良いのだが、選手間に遺恨が残るくらいの戦いがなければ、所謂ダービーは成立しないと思う。
 もちろん、わざわざ遺恨をわざとらしく演出する必要はない(WWEじゃないんだから)。サポーターも作為的にダービーを演出する必要はない。そんな情けないことはすべきじゃない。
 単純に、選手が「奴等には負けられない」って感じてる度合いがどんだけ強いか、だと思う。

 もし大宮の選手達が血走った目でボールを追い掛けていたなら、自分は勘違い野郎になるだろう。もちろん、応援する以上はそうなるように仕向けたいのだけれど。
 もし大宮が圧勝すれば、さいたまダービーは名前だけのものではなくなるだろう。J1に昇格したばかりでホームゲームに7000人ちょっとしか来ないような隣街のチームが「浦和」に勝てば、それだけで今後の伏線は十分だ。

 浦和に恨まれちゃえ、大宮。
[PR]

by f.c.barg | 2005-03-23 01:22 | 大宮アルディージャ


<< 大宮・閑話休題      日頃の御愛顧ありがとうございます >>