parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 30日

たかが応援の為に

 載せようか迷ったけど、やっぱ載せちゃう。先日の駒場の帰り、仲間が浦和駅で聞いた会話。
「大宮の応援ショボ過ぎだよな〜。応援もダサかったし期待外れだよ。
 ヴェルディより声聞こえねーし、選手かわいいそう」
 今週のダイジェストに載ってたダービー云々を読んだ。他にも新聞やらネットやらで書いてあったのを幾つか読んだ。
 試合前は「ダービーらしさをつくる為に努力するのは本末転倒だ」と思ってたけど、「あながち本末転倒って訳でもないかもなぁ」と今は思う。ホント、やっかいなチームに想いを寄せちまったもんだなぁと感じる。



 今さらだけども、こないだの試合で触発されてるみたい(善し悪しは別として、だけど)。で、思わず自分の心情暴露しちゃったりしてね・・・。

 いっくら気持ちが熱くても、選手に届かなきゃゼロだ。いくら立派なご託を並べて試合に臨んでも、選手に届かなきゃゼロだ。
 自分は、まだまだ声もちっちゃい。跳ねも低い。他の奴がどうのこうの言う前に、もっとデカい声で、もっと高く飛ばなくちゃいかん。
 歌よりヤジの方がデカい状況は自分にとって恥だ。指笛がまともに鳴らないのは自分にとって恥だ。試合後に自分のヒザがガクガクになってなきゃ恥だ。一旦中旗を振り始めたら歌が途切れるまで振り続けられなければ恥だ。選手に煽られて自分が熱くなってる状況は恥だ。自分が選手を煽って熱くさせられなくちゃ恥だ。

 何よりも、めちゃくちゃハードな応援しながらヘラヘラ笑ってなきゃ恥だ。大宮の応援する事は、自分にとって本気で遊ぶ事だ。手抜いてやってちゃ何も楽しめない。遊びになんない。ホントはこんなところで能書きたれてるのも恥なんかも知れない。。

 ちっちゃい頃は、鬼ごっこでも血走った目で本気でやってたな。逃げてるときは、鬼につかまったら殺されると思った。鬼のときは、誰かつかまえなきゃ世界が終わっちゃうと思った。だから、むちゃくちゃ楽しかった。
 あの感じ、また味わいたいだけなんかも知れないね。
[PR]

by f.c.barg | 2005-03-30 02:00 | 大宮アルディージャ


<< ドイツに行こう絶対に      This is the world >>