parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 02日

大宮公園に甘えるな

 大宮のサポーターやファンの皆さんにしてみれば、この時期の大宮公園でのゲームは特別なものであります。それは自分だってそう思う。
 大宮公園まで1ヶ月待たされた。ただでさえ今年は大宮公園での試合が少ない。できれば満開の桜(あるいはセレッソと共に散り行く桜)の中でのゲームを見たかったところ。でも、桜が満開じゃなくったって大宮公園で試合できるってのは十分贅沢なんだな。

 な〜んてな事を思いつつ、はっと思いとどまった。このままじゃ「大宮公園で試合ができるぞ〜嬉しい嬉しい」なんてな感じで、シュチュエーションに流されて甘ったるい感じになっちゃいそうだ。せっかくゴール裏ど真ん中に居を構えてるのに、こりゃいかん。自分よ、甘ったれてちゃいかんぜよ。
 試合になれば応援応援、大宮公園に対する思い入れは思い入れで別のもの。思い入れは内側だけに留めて、外に向けては応援応援だ。カテ4がもっと熱い場所になるように、その中央がすごく熱い場所になるように。
[PR]

by f.c.barg | 2005-04-02 01:24 | 大宮アルディージャ


<< 甘えの代償      ドイツに行こう絶対に >>