parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 13日

慢心の代償

【新潟3-2大宮】

 新潟では試合前にニット帽を深く被ったまま昼寝をしていた為に顔の中心部のみ日焼けしてしまったばあぐです、皆さんこんばんわ。


 認めたくはないもんだけど、新潟には残り10分で何か起こすパワーがあった。で、大宮はそれをねじ伏せられなかった。
 好き嫌いとか別として、やっぱあれも一つの武器。じゃあ大宮の武器は?って言うと、今のところ大宮公園か。じゃあ違う武器も今からみんなで磨いとかなきゃねぇ。じゃないと来年もたないよ。
 それにしても、昔はチャイコフスキーの「白鳥の湖」なんかチャントにしてたくせに、今やジャイアンとはねぇ…いやはや。

 悔しい負け方。試合後は自分もみんなも当然、呆然。でも自分は悔しさをあんまり引きずらなくって、結構あっさりと気持ちを切り替えられちゃった。自分でもびっくりしたくらい。ま、その要因には幾つか心当たりもあるんだけど、それは個人的なものなのでここではちょっと・・・。
 さらに正直に言っちゃえば、80分までは「勝てるぞ」って気分が自分の中に生まれてしまった。でも、残り15分あたりから「あれ、選手も同じ事感じてないか?」みたく見えた瞬間があって、その時から「このゲームヤバいかも」って感じが頭を過るようになった。で、案の定あんな負け方。
 自分にも慢心があった事、残り15分から「ヤバいかも?」って感覚を得ていたのに何も力になれてなかった事、これはやっぱり悔しいところ。余計な事はさっさと忘れても、反省点だけはずーんと残しておきたいところ。

 ああいう試合の後は、さっさと次の試合が見たい。で、それは幸運にも4日後にやってくるのであった。
 鹿島に行くのは3回目。相手も相手だし、すごく勝ちたいゲームだよ個人的に。
[PR]

by f.c.barg | 2005-04-13 01:59 | 大宮アルディージャ


<< 共闘わっしょい      夢追い虫 >>