parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 16日

共闘わっしょい

【鹿島2-0大宮】

 精神的にどよーんとしている時は負けてもあんまり痛く感じない、ってのは自虐的な救いであります。あ、いやいや、勝ちたかったです。鹿島には勝ちたかったです。大宮のゴール裏に来る前から鹿島は勝ちたいチームなんです。
 そうそう、出番は無かったけど聡には決めてもらいたかったよ。熊本で決められなかった聡に決めてもらいたかった。

 で、試合の事を振り返ってみる。反省点としては、自分自身の戦闘意識が薄かった事。まぁ精神的に落ちてる今日この頃ですから致し方ない部分もありますが(そろそろ言い訳がましいか?)。でもさ、キツい時こそ頑張らなくっちゃね。それは選手だって言ってる事。
 じゃあどうしよう?こんな時は、選手との共闘意識を高めてみよう。そう、共闘だ。一緒に戦う、共に踏ん張る。そして共に笑う。それが共闘。共闘で東京倒せ。
 さあ自分よ、パルチザンとしての本領を発揮せよ。がんばれ大宮、頑張ればあぐ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-04-16 02:45 | 大宮アルディージャ


<< それはただの気分さ      慢心の代償 >>