parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 23日

産みの親vs育ての親

 日曜日は、横国だ。今は日産スタジアムだけど、そんなのどうでもいい。
 いつもだと新横浜で降りて、タリーズでソイスワークル買って、セブンでおでんと緑茶を買って、軽ワゴンのタコ焼き2つ買って、ホーム側ゴール裏2階席に行く。
 でも、今度の日曜はいつもとは違う。

 生まれて初めて見たJの試合は、開幕した年の横浜マリノスだ(相手はジェフだったかな?)。横浜ではいつも一歩下がった場所にいたけど、優勝の昂りも降格危機の緊張も味わった。
 仲間にはあんまり積極的には言ってなかったけど、これに関して自分は「横浜で生まれて大宮で育った」って感じだと思う。今でこそ大宮にハマってるけど、大宮公園の次に行ってるのは今だに横国だったりするし。

 あぁ、遂にその日がやってくる。この感じって、移籍した選手が古巣のチームと初めて対戦する時の感じに近いのかな?何だか不思議な感じだよ。
 正直、昨日までは行こうかどうかも迷ってたけど、今は迷いも無くなった。今のところ大宮を押す以外は考えてないけど、試合が終わったら泣いちゃうかも知れないし、思ったより平常心でいるかも知れない。う〜ん、やってみないとわからんよ。ホントに変な感じ。

 で。大宮が勝ったら、1951年にエンツォ・フェラーリがアルファ・ロメオに勝利した時の例の台詞を吐いてやろうかしら?
[PR]

by f.c.barg | 2005-04-23 01:10 | 大宮アルディージャ


<< 僕の血は鉄の味がする      それはただの気分さ >>