parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 30日

愛し愛されてバモるのさ

【大宮3-1大分】

 平日の夜の大宮公園、対戦相手は大分、開門してもお客さんぱらぱら、入場者数は5000人くらい。。この感じ、去年までさんざん味わってた感覚だなぁ。そんな感覚のせいなのか、先制点取られるまではどっか抜けちゃってたのかも知れない。
 相手が大分だったのに、あの日のことは蒸し返せなかった。大分には大宮公園で昇格決められちゃったけど、今の大分はユニの胸のところに何にも書いてないような状態なんだもん。ま、新入生のくせに先輩を哀れむような発言はおこがましいですけども。。でも正直、新入生なんだから先輩方を手本にしたり反面教師にしたりしながら、いろんな経験積んでかないと。成長せんと。

 で、試合。
 先制点食らったのは慣れ親しんだぬるま湯J2感覚を払拭させてくれたし、その後30分間くらいの煮え切らなさ感は自分の内側に熱を溜め込むのに十分でありました。先制点で目が覚めて、後はクリスティアンの同点弾までじわじわ回転数が上がっていった自分でありました。
 試合前は鼻息荒げるつもりだったのに、試合が始まってみたらそうでもなかったみたい。先制されてやっとそれに気がついた。で、もっと行かなくちゃ、もっと頑張らなくちゃ、もっとバモらなくっちゃ、ってな感じでじわじわと回転数を上げていく自分。大宮も回転数が上がったのを感じて、先制されても「ま、今日は行けんだろ」ってな思いが頭を過って仕方なかった。でもさ、自分らの上がり方と選手の上がり方ってどのくらいシンクロしてるんだろうね?ここシンクロしなくちゃ、大宮サポーター・ファン一同は応援エクスタシー未経験のままであろう。ジョニー画伯提唱の【エロス大宮】実現の為には、応援で結ぶ選手との絆をもっと強くしなくては。

 ふてくされてばかりのJ2時代を過ぎ分別もついてJ1に昇格した訳で、選手を愛し選手に愛されて応援したいのさ。バモバモ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-04-30 01:39 | 大宮アルディージャ


<< 冷静と熱狂の間      僕の血は鉄の味がする >>