parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 09日

僕らが声を出す理由

【F東京3−3大宮】

 観戦者としては、気持ちよかった。あの状況で森田が決めてくれちゃうなんて、気持ちよくってたまんない。もしあのゴールが同点弾じゃなくて逆転弾だったら、気持ちいいを通り過ぎて失神してたかもね。。
 応援者としては、とても満足できる試合じゃあない。引き分けたのは儲けもん以外の何でもないね(って、またかよ・・・)。トゥットのPKからルーカスのPKまでの間は東京に攻められまくって、まるでいじめられっ子みたいだったもんなぁ大宮。
 どフリーのヘディング外したトゥット、後半ロスタイム入るまで起動しなかった森田。ま、二人ともゴールしてくれて良かったけど、もし負けてたら戦犯だったかもね?って、サッカーに「たら」「れば」は禁物なんだけども。

 各メディア、「東京勝てず」的論調ばかりですわぃ。こっちの3点目が決まって崩れ落ちる東京の選手達はドーハ的で確かに印象的でしたけどね。で、3失点直後の東京側スタンドでは「まだ終わってないぞ」とか「諦めるな」とか「立ってくれ」とかいう声が選手に向けられたとか何とか。試合後もスタンドは選手に熱い激励を送っていたとか何とか。
 でもね、大宮のスタンドからは3点目が決まった直後に「まだ終わってない」とか「勝つぞ」とか「もう1点」とかいう声が一部出てたんですよね。ま、一部だったし聞こえなかったとは思うけど。。。そういう声、大宮を強くする為にはもっともっと大きくなって欲しいもんです。

 またも「たら」「れば」禁物前提ながら言わせて頂きますが・・・森田の同点弾が決まった直後、大宮の選手がゴールに収まったボールを掴んでみんな揃ってセンターサークルまで走って戻っていたら、めちゃくちゃステキだったんですけども。。そんなステキな大宮の姿を見る為には、やはり自分らは愛する選手達をもっともっと愛さなければならないし、愛してることをもっともっと伝えなくちゃならない。「わたくしたちは勝ちたいのです」ということを、もっともっと選手達に伝えなくちゃ。
 同点劇は気持ちよかったけど、結果としてはドローは所詮ドローでしかない訳で。あの気持ちよさを超える気持ちよさがある。その感じ、僕らは味わうことができるはずなんだよね。
[PR]

by f.c.barg | 2005-05-09 19:39 | 大宮アルディージャ


<< 九州独立      僕の心のありったけ >>