parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 23日

悪玉

【神戸0-1大宮】

 大宮は、何やら新布陣を試していたらしい。ま、応援する側も新布陣だったんですが・・・。
 どっちの新布陣も、成熟するまでは時間が必要ですかね?自分、これからもっともっと頑張りますね。


 勝利の凱歌は、控えめだった。試合後のセレモニーの件があったからね。本当なら選手がいなくなった後にも何か一曲歌いたいところだけど、選手の背中に向けて控えめの大宮コールとクリスティアンの歌で抑えておく。
 大宮選手一団が帰った後、インタビューでも受けていたのかも知れないが、遅れて桜井がゴール裏まで挨拶に来てくれた。もちろん、直人と呼んでやる。今日の直人は試合前にも名前を呼んだら手を上げて答えてくれたし。直人が呼び掛けに答えてくれるのは、逆にこっちが照れちゃうなぁ。変なの。
 直人とぎこちない交流を育んでいたら、反対側から「さっさと帰れ」とヤジが飛んで来る。神聖な儀式が始まるというのに汚すんじゃねぇ、とでも言うかのごとく。ま、神戸のゴール裏は後片付けが早いと噂に聞いていたので、お気に召さなかったんでしょうかね。あ、噂っていうのはね…神戸が日産スタジアムでマリノスとやった時に1対0で負けてた上に神戸に退場者が出ちゃって、神戸のゴール裏は試合が終わってない内から断幕の片付けを始めたらしい、ってやつでして。。結局その試合、後片付け最中のロスタイムに神戸が追い付いて引き分けてるんですが。。。

 神戸のゴール裏からは「帰れ」コールが起きたが、彼らは大宮ゴール裏に遺恨を持ったのだろうか?「戦いの始まりは全て怨恨に根ざしている」と言ったのは誰だったっけ?ま、こんなネガティブな要素でも、戦いの温度を上げる効果があるのならば恨んでもらって結構、と思う。次にやる時は大宮公園だから、こっちにとっては負けられないし。
[PR]

by f.c.barg | 2005-05-23 01:12 | 大宮アルディージャ


<< チム・チム・チェリー      そして神戸 >>