parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 14日

さいたまNo.1

【大宮1-0川崎】

 平日の夜の駒場で川崎とやる。正直、何かと心配していたけど杞憂だった。あ、正しくは「観客動員以外は杞憂でした」だった。。
 トゥットのタテ突破DF振り切りゴールは、大宮に来る前の彼に対して抱いていたイメージっぽいなぁ〜と勝手に思った。駒場の雰囲気が昔を思い出させたのか?それとも対峙した川崎のユニフォームがそうさせたのか?どっちにしても力強いトゥットを見ることができたのは、なかなか幸せであります。

 駒場のスタンドは、当然のごとく前節ほどには熱くはなかった。でも、だからといって冷めてた訳でもなく、何となく親和力みたいなものがあったように感じた。浦和戦を経たことで、そこにいるお互いが何か共通した意識みたいなものを通わせているんだろうって勝手に思った。だから、無理矢理テンションを高める必要も無いと思った。
 正直に言ってしまえば、もっと熱い方がいいし、もっともっと興奮したい。でも、今夜はこれで良かったはず。今のところは。


 試合前、工房長の提案に乗っかって手書きの断幕を作ってみました。ホントは「オレらがさいたまナンバー1」って書くはずだったんだけど、用意した布が思いのほか小さくて、<さいたまNo.1>に留めることに。
 <さいたまNo.1>断幕は、<LOVE+PRIDE>断幕に、それも「PRIDE」の文字の上に被せて貼ってみたのでした。
 J1第16節終了時点、今のところオレらさいたまナンバー1。今のところは、ね。

7月13日午前11時過ぎ、大宮仕様に変更中の図
b0010964_15184471.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2005-07-14 15:27 | 大宮アルディージャ


<< 神を殺そう      ふるえるぞハート/燃えつきるほ... >>