parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 19日

報われないヒーロー

【千葉2-0大宮】

 トゥットとクリスティアンがいない。もちろん奥野もいない。だからこそ、帰って来た主税に託した訳で。
 連休最後の日のナイトゲームに、しかも実際の距離以上に遠くに在るように感じてしまう臨海まで随分と多くの大宮ファン・サポーターが来ていた。で、せっかくだから、主税のコールで横揺れしてみました。カンカン鳴る臨海の仮設っぽいスタンドを横に揺らして、主税が帰って来た喜びとこのゲームを託す気持ちを伝えたつもりだった。でも、やってみると主税に伝える為と言うより、スタンドが楽しむ為にやってたみたいにも感じちゃったのが正直なところ。「ちょっとおちゃらけ過ぎちゃったかな?」と思わなくもないけど、タマにはあんなのも面白かったでしょ?

 で、肝心の試合。
 長い付き合いになると何となく雰囲気だけで理解しちゃうことがある。何のことかと言えば、トニーニョのこと。前半にイエロー1枚食らった時、皆で「今日はヤバそうだね」なんて言ってたもんだ。何度か繰り替えされたことだから嫌でも学習してしまう。2枚目のイエローを貰う前にも、ちょっとヤバそうな雰囲気があったからトニーニョを呼んでやった。それでも、2枚目を出させてしまった。レッド食らいそうだって予め感じてたのにね。それを止められない僕ら。
 ハーフタイムでマーカスが交代しちゃった理由は、帰ってきてから知った。急性の腹痛だか何だか。元から助っ人2人と守備の大黒柱をケガで欠いてたし、ファイター久永も出場停止、ボランチの一角は腹が痛くなり、もう一角は退場に・・・うーん、すごいピンチじゃないのコレ。そんな状況なのに、スタンドから見る限りでは、戦ってる選手は独りだけだった。荒谷、お前には気持ちが入ってたよ。残りの9人の方々、折角のピンチなんだから誰だってヒーローになれるチャンスだったのにさ。もったいなくて残念だよ。

 試合後、挨拶に来た選手には「何があろうとお前と共に」と伝えた。荒谷は、残り9人を置き去りにするかのように、足早にロッカーへと向かっていた。
 負けた試合にゃヒーローなんていないんだけど、今日のヒーローは荒谷、お前だよ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-07-19 16:31 | 大宮アルディージャ


<< 大恋愛成就に向けて      神を殺そう >>