parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 15日

夏休みはもう終わり 〜summer missile 2005〜

【横浜3-1大宮】

 三ツ沢とマリノスの組み合わせが、個人的で甘酸っぱい記憶を蘇らせたのは、間違いない。だからこそ、この「負けたら終わり」ってシュチュエーションは、ともすれば感傷に浸りかねない僕にもってこいだった。極上の思い出を振り切る為の戦いであったとしても、追い詰められた状況で勝ち抜ける為の戦いであったとしても、どのみち僕はこの試合に過度に入れ込んじゃうしか無かった。
 ただでさえ、入れ込んでいる。その上、国に帰った奴1名、ケガして抜けた奴2名、試合開始5分で消えた奴1名。ねぇ、ただでさえ随分とこの試合に入れ込んじゃってるんですよ。それなのに神様、これ以上僕にどうしろっていうのさ?ピッチに立てない奴の分は、僕らが補うしかないでしょ。
 嗚呼、なんて重たい試合なんだろ。


 試合が終わった瞬間、僕は寂しいと感じていた。とてつもなく寂しかった。そして、「大宮が戦うステージが一つ、幕を閉じてしまったんだ・・・」って、当たり前のことに気が付く。それはまるで、やり残したことがあるのに夏休みが終わっちゃったみたいな感覚。あぁ、力が入らない。
 試合後、帰りの車に乗るまでのことをよく覚えていない。自分の部屋に帰ってきた今は、随分と目が冴えている。今夜は明け方まで眠れそうもない。

 そして、戦いは続く。。。
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-15 02:04 | 大宮アルディージャ


<< 魔法の言葉      幼年期の終り >>