parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 24日

ぜんまいの軋む音

【川崎2-1大宮】

 試合を振り返れば、「打倒!大宮」は伊達じゃないってところか?
 島田のFKは、蹴る前から絶対に決まるとしか思えなかった。そう思えた人は、多かったはず。決めた島田をちゃんと称えてやれなかったことは、口惜しいもんだ。

 J1第25節。今日を終わった時点で、13位。自分のおつむが正しく働いていれば、明日の残りの試合が終わった時点で、その結果に関わらず確実に14位になる。
 今シーズンのリーグ戦全日程が終わった時に、今の順位からもう一つ下にいても、J1に残留できる。そもそも、あと9試合残っている。
 今はまだ無理だけど、月曜くらいからはそんな風に思って次の戦いに備えるんだ。軋んだ音が聞こえたとしても、ぜんまいは、まだ回るんだから。だから、次の戦いまでに、ぜんまいを捲いておこう。



 あとちょっとだけ、愚痴みたいなもんだけど。

 大宮の応援について、僕らにできることは、誰にでもできるはずだと思う。但し、努力とか情熱とか時間とか経験とか金とか、その他もろもろ含めて、いとんなことを伴うとは思いますが・・・。
 僕らはご注文に応じて大宮を応援をする応援屋さんではないからさ。言いたいことを言えば何とかなることなんて、一つも無いのにね。自分がやってみせれば何とかなるようなことなんて、誰にでも無限大に在るはずなのにね。
[PR]

by f.c.barg | 2005-09-24 23:19 | 大宮アルディージャ


<< Drifter      剥き出して 等々力 >>