parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 30日

その罪の重さ

 いろんなことを、きれいごとでうやむやにするつもりはありません。でも、一つだけ言いたいんです。
 オリジナルの言葉なんかじゃありませんけど、自分が一番大事にしてる気持ちだから、構わず記しちゃいます。



 理想を秘めていなければ、生きている意味も無い
 でも、理想を秘めたまま何もできなければ、いつか腐ってしまう

 理想を持つことは、罪だ
 理想を語り、人の理想をかき立て、人から理想を託される、その罪の重さ
 その罪を購うには、理想の為にこの身を捧げるしかない




 まだ何も始められてないし、何も得てません。今までに手応えみたいなものを感じたことがあったはずなのに、今になって振り返ると確かなものはほんのちょっとしか残っていないんです。
 だから、これからです。これから、どうするかだと思ってます。

 これからもっと、自分を晒したいです。もっと捧げたいです。
 ゆっくりとしか進めないけど、どうか見ていて下さい。
[PR]

by f.c.barg | 2005-09-30 02:14 | 大宮アルディージャ


<< Wake Me Up When...      大宮・閑話休題 >>