parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 02日

ゆきゆきて、大宮

【大宮0-1東京】

 強い気持ちで試合に臨みたくて、そのきっかけになるように髪を剃り上げた。とは言え、僕はもともとボーズだ。だから、頭と同じように眉を剃り上げて、さらに恒久的に蓄えていたいたあごヒゲも剃り落とした。
 ホント、悪魔と契約してもいいから残留したいって、そう思ってるからね。もちろん、(考えたくないけど)落ちたとしても絶対に後押しを続けるけどね。

 奥野のコメントからは、未だに救いと望みを感じてしまう。(因みに、監督は更に具体的なコメントを残しておりますが…)
 甘ったれてると言えば、甘ったれているかも知れない。でもね、こういう実感を得られた僕は、もっともっと頑張れちゃうよ。


 今、かなり酒を飲んでて、だからこそ言えることなんだけどね。。もし、もうすぐ死ぬとしたら、大宮が残留できるような死に方をするよ。もっと言えば、金輪際下に落ちないような死に方を目指すよ。
 あ、こんなことを考えているからと言って、切羽詰ってるって訳じゃないからね。こんなのは酔っ払いの戯れ言だから。

 せっかくこんな状況まで来たんだし、目一杯戦おうじゃないの。求めているものを手に入れる為には、まだまだできることがたくさんあるよ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-02 03:00 | 大宮アルディージャ


<< エンジョイ・フットボウル!      Wake Me Up When... >>