parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 04日

波乗りウインター・ワンダーランド

【大宮1-0京都】

 京都のことは、「強い」というより「面倒くさい」相手に見えた。微妙な時期に、微妙な相手との試合。淀んだ空気の中に危うい雰囲気が漂う試合で、ちょっと前に加入したばかりのプロ初出場の男が試合を決めちゃった。
 ありがちで取って付けたようなお話だけど、自分達のことなんだよね。今、いい波が大宮に来てるからこそ、こういう結果になるのかな?多分、波は来てるんだと思う。

 若林を目で追いながら、心から応援してやりたいと感じてた。でも、そういう見方をしてしまうのって、まだプロとして見ていないってことになるんだろう。そもそも、「まずは頑張ってくれればいいよ」って見方は、プロの選手に対しては失礼だった。
 若林は栃木を決して失わないだろうし、そういうのを背負って大宮でプレーするのもいいだろう。でも、栃木を引き摺って大宮でプレーしちゃいけないし、応援する方も栃木を引き摺らせちゃうのも如何なものかと思う。
 今まで歩んできた道を思えば、どうか栃木の為にも「大宮の若林」を強く示して欲しいな、なんて望んでる。リーグに出て、そして結果を。

 果たして僕らは、これから先もこの波に乗っていけるんだろうか?
 「今、いい波が来てるみたいだねぇ」なんて人事みたいに指を咥えて見てたら、この波はあっという間に引いてしまうだろう。ぐずぐずしてたら波に飲まれちゃうかも知れないし。。
 折角いい波が来てるんだから、中途半端な乗り方したんじゃ勿体無いね。残りは5試合+国立までの道。まずはこの波を逃しちゃいけない。大宮好きだったら、余計なことなど考えないでこの波を乗りこなしちゃおう。
 もう、楽しむしかないでしょ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-11-04 19:41 | 大宮アルディージャ


<< 歳なんて、ただの誕生日の回数さ      君は生き延びることができるか? >>