parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 14日

mi corason

【大宮3-2名古屋】

 欲しかったのは、勝点3。そればっかり考えて臨んだ試合だった。
 試合前、僕はどうもピリっとした心持ちになれず、緩い感覚に浸っていた。でも、それが悪いことには思えず、無理して襟を正さずにこのままの気持ちで試合に臨もうとキックオフを待った。ま、厳しい状況に置かれてるのを理解しててもなお余裕がある…ってのも、なかなか悪くないもんだね。
 いい試合だと思った。人によって捉え方は異なるとは思うけど、僕はいい気分で戦えた。

 レアンドロがぶっ放した一撃は、僕らをすっごくいい気持ちにさせてくれた。レアンドロを初めて見た時には、その濃さに若干引き気味だったけど、今じゃお前の笑顔が可愛くって仕方がない。試合後、律義に挨拶回りしてるお前をわぁわぁ呼んでたの、どのくらい届いてたかな?
 次は若林、お前も決めてくれ。


 ここまで、リーグ戦30試合+カップ戦8試合+トーナメント戦1試合。合計39試合を共に戦った訳だ。
 今年は1試合たりとも逃してないし、どの試合もどっぷりと浸かってる。これだけ大宮に付き合ってれば、ちょっとやそっとじゃ動じなくなる。例え、誰かの命運を握ってしまうような試合だったとしてもね。。

 僕の心の大宮。まだまだ全然、終わらない。お楽しみは、たっぷりと残ってる。
[PR]

by f.c.barg | 2005-11-14 21:36 | 大宮アルディージャ


<< あやかちゃんの為に      エクストリーム・サーフライダー >>