parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 23日

パラダイス・ロスト

【大宮1-0G大阪】

 モーゼは海を割って道を開いたが、久永は藤ヶ谷の股を抜いて道を開いた。
 残留したってことは、未来へ繋がったということ。また一つ、道が開けた。そしてこれからも、道を開き進まなければならない。それが、大宮が在り続ける証となる。

 僕らは、一時的ではあるが、大宮公園を失った。暫くは、大宮公園という楽園から離れ、流浪の戦いを続けなければならない。
 これから僕らは、「大宮とは何なのか」と自問自答しながら戦い続けることになるだろう。埼スタで、あるいは熊谷で、もしくは駒場で。そして再びこの楽園の懐に抱かれた僕らは、今よりもずっと強くなっていなければならないんだ。

 今現在の大宮が、大宮らしい姿を見せてくれた。楽しくて楽しくて、楽しかったね。今夜は、その余韻にゆっくりと浸って、口元を緩めたまま眠りにつこう。
 でもね。一夜明けたら、楽園に再び還るまでの長い長い戦いが、もう始まっちゃうんだよ。実感持てないかな?でも僕には、これから続く長い長い行軍の足音がもう聞こえてしまうんだ。
 大宮公園に再び辿り着く日には、もっと強くなっていよう。強くなって、楽園に還ろう。

b0010964_22424877.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2005-11-23 22:44 | 大宮アルディージャ


<< Brigata aranci...      これが私の生きる道 >>