parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 28日

クライマックスを過ぎて

【大分2-1大宮】

 1週間に3試合で、遠距離のアウェイが2回。これだけハードな日程も久しぶり。この連戦を大宮は2勝1敗で乗り切った訳だ。そういう風に考えたら、試合後に挨拶に来た選手達に拍手をしてやっても良かったかも知れない。あるいは大宮コールか、もしくは久永の名前を呼んでやっても良かったかも知れない。

 当然のごとく、連戦はきつい。それはどのチームも同じだし、乗り越えなければならない部分だ。それに加えて、残留が決まったことで、見えない壁ができていた。その壁は、大きくて高かった。僕らは大分で、それを乗り越えることができなかった。悔しい。
 あんなに悔しい思いを抱きながら後片付けをしたのは、三ツ沢でのマリノス戦以来だ。


 僕の私見だけど、今年のリーグ戦、ターニング・ポイントは29節の柏戦で、クライマックスは32節のG大阪戦だと思う。リーグ戦に関して言えば、僕らは既にクライマックスを越えたパートに位置している。
 でもさ、クライマックスと同時に終わる映画もあれば、クライマックスの後にハッピーなエピソードを挟んで終わる映画だってある。もちろん、クライマックスの後に後味の悪いエピソードを挟んで終わる映画もあるけどね。。ハッピーエンドだけど不安な影を引き摺っているような映画もあるし、バッドエンドだけど希望の光が差すような映画もある。
 僕らは、どう終わらせる?


 今日の新聞に、グレン・グールドの「演奏は競技ではなく、恋愛です」という言葉が載っていた。僕らにしてみれば、応援だって競技ではなくて恋愛だよね。


 大事なことを忘れてた。
 西都の皆さん、一緒に応援して頂いてありがとうございました!
[PR]

by f.c.barg | 2005-11-28 18:32 | 大宮アルディージャ


<< 【大宮アルディージャサポーター...      Brigata aranci... >>