parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 25日

主よ、大宮の望みの歓びよ

【鹿島0-1大宮】

 試合が終わった途端、思わず泣いてしまった。


 鹿島に好意を抱くことはないのかも知れないが、鹿島と何度か対戦したり鹿島を応援してる人と親交してるうちに、鹿島に対する敬意みたいなものを感じるようになってたんだ。だからって訳でもないけど、鹿島を越えることに大きな価値があるんだって、そう信じてた。

 メンバー表に載ってる選手のネームバリューの差は、むしろ「大宮は大宮らしく戦うしかないんだ」って開き直りを与えてくれた。「ブラジル人を帰国させて、本当に勝つ気があるのか?」なんて問いかけは、大宮には愚問だ。僕らは常に、チームとして戦うことで道を開いてきた。大宮の選手としてやるべきことを理解している者であれば、誰が試合に出ても同じなんだ。
 正直、トニーニョがいないのは痛いけど・・・でも、彼を早めに帰してやるくらいの余裕があるんだって、無理な開き直りをしちゃいたいくらいだったよ。。

 いざ試合が始まってみると、心臓に悪いものを結構見せつけられたりもした。セーフティにクリアすることすらおぼつかず、イージーにボールを奪われる大宮の選手達。いやぁ、カッコ悪かったよねぇ。でも、ギリギリで体を張ってぶざまにコーナーキックに逃れる大宮の選手達は、愛おしくて愛おしくてたまらなかったよ。
 そして、時折見せるカウンター。相手の出足が早かったからこそ、こっちのカウンターも鋭さを増していたように見えた。だからこそ、森田はあんなに素敵な切り返しを決めて見せたんだろ。

 0-1は、最も大宮的な勝利。こんな風に鹿島に勝てたら、そりゃ涙腺に歯止めなんか効かせられないってば。。
 もちろん、大宮はJ1のチームなんだから「こいつには負けても仕方がない」なんて相手があっちゃいけないよね。それは理解してる。それでも、この勝利にはものすごく価値があるんだって、どうしてもそう思っちゃうんだよね。


 兎にも角にも、こういうクリスマスイヴは生まれて初めてだよ。心の中には、未だに緊張したままの部分もある。ま、まだ終わった訳じゃないから当然なんだけどさ。だけど、なかなかの達成感があるよ。聖夜限定で、この感覚に浸っていたいね。

 それと、帰りに仲間達と立ち寄った牛タン屋さんで、食後にささやかなクリスマスケーキをサービスしてもらっちゃいました。2口で食べちゃったけど、今の僕らにはこのくらいがちょうどいいかもね。
b0010964_249572.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2005-12-25 02:58 | 大宮アルディージャ


<< LONG SEASON      我等を勝たせたまえ >>