parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 27日

ある決別

【大宮2-3磐田】

 立ち上がりの2回のチャンスで決められなかったことで、不安があった。前半は少なくとも2-0で終えて欲しかった。後半、あのミドルは仕方がないとしても、森田が決めた後に少なくとも1点欲しかった。案の定、残り15分がもたなかった。
 2失点目は、こっちから見てても納得できないものだったけどさ。でも、あそこまで深く攻め込まれなきゃ良かったんだろ?3失点目は、切れ込んでくる磐田の選手に引きずられるように戻っていく大宮の選手たちの背中を見たときに既にゴールを割られることを確信してしまったよ。


 大宮が堅守のクラブだっていうのは、過去の話だ。今日の試合を終えて、自分はそう割り切った。<堅守・大宮>は、おれにとっては過去の幻想。
 それと、これは薄々感じてたことではあるんだけど・・・今年の補強は、良くも悪くも「2年分」の補強だね。チームを纏めるのにも、2年かかるんか?まぁそうだったとしても、勝点50へ届かなきゃなんだけどさ。。

 そして、もうひとつ。
 駒場のスタンドは、いい感じになってきたね。今日の前半は、選手もスタンドもなかなか熱狂してたよ。ま、前半だけってのが勿体無くてたまんないけど。。。
[PR]

by f.c.barg | 2006-04-27 00:29 | 大宮アルディージャ


<< 絶対負けちゃいけん      キツいの、ちょうだい >>