parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 03日

強い気持ち・強い愛

【大宮0-1広島】

 試合が終わった瞬間、おれは自然とある男の元に向かっていた。そいつは最前列で、誰よりも熱く戦っていた。べっとりと汗の染みた奴の大きな肩を叩くと、悔しさがビリビリ来た。奴の目は真っ赤だったけど、堪えてた。おれも思わず貰いそうになったけど、堪えた。
 奴の広い背中越しに、大宮の選手達を見た。今日おれは誰よりも、奴の笑顔を見たかったんだ。そして仲間達と選手達と一緒に、喜びを分かち合いたかったんだ。

 例え悲観する必要のない内容だったとしても、もっと大きなことに悲観し始めている空気を感じた。それを振り払うには、もっと強い気持ちと、強い愛が必要か?それを、どういう形で示すべきか?
 ま、自分の中には迷いは無いけどね。泣かないよ、笑うんだ。
[PR]

by f.c.barg | 2006-05-03 20:18 | 大宮アルディージャ


<< 意味という病      スマイル >>