parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 06日

Love is a Battlefield

【東京1-2大宮】

 ふがいなかった前半を、「闘え大宮」と振って締めた。時間はまだ半分残ってる訳だし、失望するにはまだ早いって思った。
 そして後半は、ただ「後になって後悔だけはしたくない」って思い続けながら戦った。例えば、この試合を最後に大宮の試合を見ることができなくなったとしたら・・・なんて空想してみたりね。そういう考え方って、あんまり健全じゃないかも知れない。でもね、今シーズンのリーグ戦は今日が最後になっちゃう奴がいるもんだからさ。そういうのを思うとさ。。

 最後のプレーになるであろうフリーキック。大悟に向かって「魂込めて蹴ってくれ」と叫び続けた。お粗末ながら、トラメガ使って叫んでた。伝わったか伝わらなかったかなんてどうでも良くて、ただただ嬉しかったよ。

 まぁうまくいかないこともあったけどね。でも、最後はみんなの笑顔がたくさん見られて良かった。改めて、やっぱり大宮が好きで良かった。
[PR]

by f.c.barg | 2006-05-06 20:46 | 大宮アルディージャ


<< 余韻      意味という病 >>