parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 29日

おれ達の誇り la熊谷

 さぁ、お待ちかねのla熊谷・・・って、個人的には盛り上がってますけどね。
 改めて、la熊谷を自分達のモノにしていった過程なんかを思い返してしまったりしてる今宵。。最初はうざったいって思ってたのに、今じゃすっかりお気に入り。ホント、自分勝手なもんだね。
 
 取りあえず、相手云々じゃないね。
 相手が強かろうが弱かろうが、自分らのやりたいことができりゃ勝ち、できなきゃ負け。簡単に結果は出ちゃうんじゃないかって思うよ。「相手に自分らのサッカーをやらせてもらえなかった」なんてな言い訳は、la熊谷ではあり得ないと思う。
 宏太が出るなら、絶対に50ゴールに届かせなきゃね。それと、グラウはおれ達の気持ちに一番近い選手だと思う。素直に、後押ししたいって思う。



 誤解されちゃうかも知れないけど、おれにとっては結果じゃない。
 勝った方が強くて負けたほうが弱い、大概はそれが当然だろうけどさ。。

 それよりも、大宮の選手と一緒に戦う90分間におれ達の気持ちがどれだけピッチに近い場所まで行けたか?ってことを大事にしたいと思ってる。結果は大事だけど、それよか大事なもんがある。勝点じゃ購えない価値を求めるのが、ゴール裏。

 la熊谷の前夜だからこそ、そんなことを思ったりしてる。
[PR]

by f.c.barg | 2006-07-29 00:13 | 大宮アルディージャ


<< la熊谷は、もっと熱いはず      猫に紙袋 >>