parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 24日

ようこそ大宮へ!

【横浜1-2大宮】

 ほ~らね。
 起こそうと思えば、何でも起きちゃうんだって。だからサッカー楽しいんだってばさ。

 でもね、もし能動的に何か起こそうって気持ちが弱くて、試合の流れを選手まかせにしてたら、この試合は逆転されてかも知れなかったなぁ~なんて風にも思っちゃうんだ。。
 でも、おれ達は求め続けてたでしょ。宏太の言葉を素直に受け止めれば、『ファン・サポーターの皆さんの応援がずっと胸に響いていたので』、あのゴールがあの時間帯に決まったんだよ。それは誇るべきことじゃないし、自慢になるようなことでもなくて、ゴール裏にいる連中なら稀に巡り合うことができるような、当たり前のことだよ。あって当然なんだから、どんなことがあろうとおれ達の声は選手の胸に響かせなきゃなんだよ。

 ホント、ただ入れ込んでるだけのバカだけどさ。バカだと楽しいよね、応援が。





 それにしても、だ。
 宏太のコメントには、ファン・サポーターって言葉がたくさん出てくるよね。大宮に来たときからそんな感じで、ひょっとしたらおれ達に一番近い選手かもな、って感じはしてたんだ。
 でもさ、本人も「ゴールすることで大宮の生活が始まる」ってコメントあったし、50ゴール目を決めるまでは正直、お客さん扱いだった感じもするんだよね。

 てな訳で・・・ようこそ、大宮へ!



 あ、もちろん。。慶行も、ね。
[PR]

by f.c.barg | 2006-08-24 22:45 | 大宮アルディージャ


<< バッド・ゲーム      近境・辺境 >>