parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 13日

ルサンチマン

【大宮0-2浦和】

 悔しいのは当然なので、それを今さら何らかの言葉で伝えようなんて必要はない。
 …って、そりゃ分かってるんだけどね。

 時間が経つことで薄れる気持ちもあれば、時間が経つほどに深まる気持ちもある。
 一晩経って、二晩経って・・・さて、どうだろう?
 そんな問いかけしたって、別に正解があるってもんでもない…って、そりゃ分かってるんだけどね。。

 おれは、傍観者じゃあない。
 大宮が通すすべてのパスは、必ず通る。そうとしか思えなくて、声を出している。
 大宮が放つすべてのシュートは、必ず決まる。そうとしか思えなくて、声を出している。
 そんな自分でも、つい落胆の声を漏らしてしまうときがある。そんなときの自分は、ちょっと嫌だ。
 ま、実際には通らないパスや入らないシュートの方がだんぜん多い…って、そりゃ分かってるんだけどね。。。



 いろいろ分かってるつもりなんだけどさ。
 やっぱさ。こういうのって、理屈じゃないよな。
 分かってるつもりとか言って、ただ考えすぎてドツボに嵌ってるってだけなんだろうな、おれ。
 だって、いくら考えたって思ったって、ハッキリしないことばっかだもん。

 ただひとつハッキリしたのは・・・有り無しで言えば、ルサンチマンは「有り」だ。
[PR]

by f.c.barg | 2006-09-13 01:50 | 大宮アルディージャ


<< カタルシス      酸素ちょうだい >>