parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 06日

もっと強い大宮へ。

 今年のリーグ最終戦が終わって、いろいろと甘く感傷的な気分に浸ってたんだけどね。当の本人から、目を覚ませと言わんばかりの一言が、おれを現実に引き戻してくれた。何のことかと言えば、公式に載ってたトニーニョのコメント。
 「まだこれから先どうなるかは分かりませんが、今のチームメイトのみんなとも来シーズンには対戦するかも知れないので、また再会できればいいなと思います。」・・・ってさ。
 対戦するかも知れないのかぁ。おれ、トニーニョが大宮の前に立ちはだかるようなことがあるなんて、正直、想像もしてなかったよ。

 トニーニョには、大宮を離れても大宮のファミリーでいて欲しい。いつでも遊びに来て欲しいし、いつかは何らかの形で大宮に戻ってきて欲しい。それはそれとして、もしホントに対戦することがあるもんなら、そりゃもう容赦しないよ(但し試合中に限る)。
 明日、トニーニョはブラジルへ発つ。そしたら、おれ達はトニーニョを突破することを目指さなきゃならない。
 大宮を、大宮アルディージャに関わる全てを、今よりももっと強くさせなきゃならない。

 もちろん、天皇杯はこれからだ。でも、もう次のシーズンの戦いは始まってるんだよね。だからさ、いつも呪文のように唱えてしまうんだ。
 「戦う前から戦おう」ってね。
[PR]

by f.c.barg | 2006-12-06 01:54 | 大宮アルディージャ


<< おれには、夢がある。      大宮が本当のファミリーとなるた... >>