parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 15日

危機的状況回避バトル

 つい数日前にポッキー極細の存在を知って、こんなの出てたんだってビックリした。。てか、秋頃には出てたんでしょ?全然知らなかった。一時期、テレビなんて見られない生活をしてたもんだから。ホント、去年は忙しかったんだって改めて実感。
 今年は、身の回りの状況をきちんと整えなきゃだなぁ。



 さて、大宮。
 目先のことより、むしろ来年とか再来年くらいが心配。

 小手先だけのヘンな補強して例年の如く若手にチャンス与えないよりは、去年まではベンチにも入れなかった連中も総動員しなきゃならないような状況で身悶えしながら戦うシーズンにしてもいいんじゃないか、、と思う。そういうシーズンがあってもいい。
 選手が足りなきゃ、下から上げてげばいいと思う。そんでもって、おれ達が育ててやればいいんだから。ファン・サポーターには、そういうことができる。そういう役目は、別にクラブに任せっきりにしなくてもいいんだ。クラブにいろんなことを任せっきりにして、そのくせ言いたいことだけ言ってるだけじゃ、ダメだ。選手に「頑張らにゃヤバい」って思わせるような、いいプレッシャーをかけてやらなきゃね。こっち側の伝え方次第で、いくらでも選手を育てられると思うんだ。それは、結構あっさりと効果を感じたりできるかも知れない。反面、クラブの体質みたいなもんは、何年も何年も根気よくプレッシャーかけてかなきゃ変わんないと思う。それはそれで長期的に取り組んでいかなきゃなんだけど。でも、まずは選手、まずは試合。そんな風に思う。で、何年か経ったときに「あの2007年シーズンがあったら今の大宮があるんだよなぁ」なんてな物言いができるようになれば、その頃の大宮は・・・みたいな。
 とは言え、これからでも「おっ!」って思わず声が出ちゃうようなような選手が入ってくることが決まったりなんかしたら、それだけでかなーり安心してしまったりしちゃうのかなぁ?そういうのって、プラシーボ効果っていうんだっけ?
 ん・・・おれは何を言ってるんだ?よくわからなくなってきた。。。

 兎に角、だ。
 今年は、ファン・サポーターとしては、いろんなチャンスがごろごろしてるような気がするんだよ。自分もまだ、具体的なことは浮かんでこないんだけど、そう思うよ。
 いいアイデアがあったら、一緒に広げてきましょうよ!もちろん、スタジアムでね。
[PR]

by f.c.barg | 2007-01-15 00:02 | 大宮アルディージャ


<< 休暇はもうおしまい      御国避兆 >>