parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 27日

あと四日

 今日は午後の練習を見てきた。主力vsサブでミニゲームやってたんだけど、正直しょっぱかった。近い場所で見てたときにサイドハーフの某選手が一言二言ぶつぶつ呟いてたのが聞こえたりして、うまくいかないことに苛立ってるみたいだった。一緒に見てた某氏も「シュート打っちゃいけない練習なの?」、なんてね。。
 サイドの突破力と、有効的なロングフィード、それとパス精度の向上。一朝一夕で会得できるもんじゃないから、シーズンを戦いながら向上させてって欲しいね。前向きにやってけば上手くいくはずだ。イライラすることもあるだろうし悩んじゃうこともあるだろうけど、しっかり声出して練習を積んでって欲しい。

 ものごとを悲観視して絶望を起点に考え始めてちゃ、希望の兆候を見逃す。だから、ありきたりな希望みたいなの抱えて楽観的に構えてた方が良いんだろうと思う。大宮のゴール裏には何か悲壮感が出ちゃってることがあるって仲間の一人が言ってたんだけど、おれもそう思ったことある。おれ自身、試合に勝った直後にはしゃいで喜んでる人より安堵してる人の方が多いなぁって思ってた。
 アインシュタインの言葉には示唆に富んでるものが多くて、その中でも「蝶はモグラではないが、そのことを残念がる蝶はいない」ってのがあってさ。何ていうか…一回でも羽ばたいちゃえば、篭ってた頃に感じてたちっちゃい喜びのことなんて捨てちまえるんだ。むしろ、そういうのに拘ってたら何時まで経っても殻を抜けられない。手っ取り早く、さっさと何かタイトルを獲っちまえばいいんだけどね・・・。
 相変わらず、うまく纏まらないんだけども。。

b0010964_2210487.jpg




 明日は国立に行く予定。
 ドルトムントをトラウマってことにして代表を避けてんのもありなんかも知れないけど、やっぱそれじゃつまんないんだよなぁ。
[PR]

by f.c.barg | 2007-02-27 22:08 | 大宮アルディージャ


<< オレンジと紺こそ大宮の誇り      五日後に向けて >>