parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 05日

汝自身を知れ

【大阪1-0大宮】

 試合前は何か緊張したけど、始まってみれば相変わらずの感覚だった。大宮が変わっても、おれ自身は殆ど変わらないもんだね。
 ある一点で固まった気持ち。多少の揺らぎはあったとしても、根っこは一生変わらないと思う。

 片岡がミスったことから失点したとは言え、きちんとクリアしてたとしても果たして大宮は勝ち点を拾えてたんだろうか?いやむしろ、あのミスがあっても無くても勝ち点を取って帰れたんじゃないか?…サッカーにたら・ればは禁物って言うけど、そんなの誰が決めた?別にいいじゃんか、たら・れば。
 てか、たら・ればはどうでもいいんだけどさ。負けるのは、まだまだ弱いから。でも、それにしたってどんな相手だろうと勝たなきゃだよね。じゃなきゃ、戦う意味無いもん。弱くても、今の自分を出し惜しみせずにそれ相応の戦い方を徹せば勝てるもんだって。自分らはまだまだ弱いって知ってれば、強くなれるさ。

 んで、片岡については改めて何か言う必要はないだろ。。ただ、どんなことがあっても、おれ達をしっかり見て欲しいって思った。試合後、責任を感じたから顔を向けられなかったり視線を落としたりしてたんだろうけどさ。そのままの気持ちでおれ達を見てくれていいんだよ。







 悔しかったのは、あの失点の後に応援が「死に体」になっちゃったのがちらほら見えちゃったこと。久しぶりの試合だってことでつい性根を隠しそびれちゃったのか?それとも、豊富な人生経験が「もう潮時だよ無理すんな」なんて無意識的に悟らせちゃうもんなのか?帰る道すがら、あんな失点で負けちゃったことよりも片岡の涙よりも、むしろあの光景が一番堪えたな。
 と思ったものの…無理して熱いフリしても楽しくも何ともないもんね~まぁ素直にやってこうよ。誰かに褒められる為に応援してる訳でも、頼まれて応援してる訳でもないもんねぇ。
 なんてなこと言いつつも…熱くなっちゃえば誰でも自然と無茶苦茶になっちゃうもんでさ。ゴール決まったときとか勝ったときだけ無茶苦茶になる人、悔しくなったりとか逆境に立たされたりとかで無茶苦茶になれちゃう人、いろんな人がいるよね。ひょっとしたら、こんちくしょー!で熱くなる方が特異なのかも知れないぞ。

 なんてな皮肉めいたことを抜きにしてもさ、自分にできることを全て出す90分じゃなきゃ。それは絶対だよ。自ら、あの場所に集ってるんだからさ。
[PR]

by f.c.barg | 2007-03-05 05:31 | 大宮アルディージャ


<< 埼スタに行く前に戦争が終わっち...      オレンジと紺こそ大宮の誇り >>