parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 11日

大宮に愛のおめぐみを

【大宮0-2東京】

 おれ達の誇りである大宮に負けは許されない。とは言え、ロバートのやり方は浸透するのに時間が掛かるだろうしエニウトンがフィットするのにも時間が掛かるだろうから、おれ達としては待ってやらなきゃいかんのかも知れん。
 ま、試合に「思いやり」は必要ないからね。試合後にはすかさず文句垂れちゃう訳なんだけども。
 個人的には、前に名前を挙げた福西・今野にやられたのが凄くイヤな感じ。。

 応援とか声援について思ったこと。。
 コンコースで集会やったときの温度と、実際に試合中の温度に差を感じた。温度というより、保温力?何ていうか、集会のときは熱い声が長続きしてたのに、試合中だと熱い時間帯はほんのちょっとで、何かの拍子で温度が一気に冷めるんだよな。ちょっとしたプレーに応援がすごく左右されちゃってるんだろうけども。うーん・・・選手が何かしてくれるの、待ち過ぎではなかろうか?
 例えばさ、次の日に新潟は最後の数分で2点奪ってドローな訳。奴らにできておれ達にできない訳は無いんだけど、実際はそれができないのが大宮なんだよ。もっと言っちゃえば、最後の最後でも選手を奮い立たせたり相手に隙をつくってやることがおれ達の居るスタンドにはできるはずなんだけど、それが奴らにはできておれ達にはできてないんだよ。それについて、おれ達はもっと悲観視とか危機感持たなきゃ。じゃなきゃ、本当の意味で大宮は強くならないと思うぞ。

 あと、試合前に埼玉新聞の紙面を見たんだけど、でっかく特集してくれるのは嬉しいんだけどさ、何で「今年は攻めます」の文字が赤なの?何で「daiGO」の文字が黄色なの?あれは、どういう意図?考え無しで色決めたの?
 それだけでかなーり信用なくしたよ、おれ。
[PR]

by f.c.barg | 2007-03-11 23:00 | 大宮アルディージャ


<< はてしない物語      大宮公園の再生を祝福する為の、... >>