parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 17日

ただの勝ち点3じゃねえか、こんなもん

【大宮1-0名古屋】

 個人的には、勝ち点3が取れただけの試合だと思う。あ、いや。試合から数日経た今だからこそ、そう思えるんだろうけどね。
 試合を振り返れば、戦う前も戦ってる最中も戦い終わってからも、とにかく大宮はピンチの真っ只中だって意識してた。だからさ、試合の前後もハーフタイムもオオミヤの4連呼ばっかになっちゃう訳だ。んで、試合が終わったときは取りあえず喜んどくか、ってな感じだったな・・・って、義務かよ?

 取りあえず、まだまだピンチ。
 次と、更にその次。2週続けて同じ勝ちで並んでるクラブとやれるなんて、とんでもないチャンスじゃね?最低でも1勝1分でいかんとね。え?「引き分けなんて考えるな!」ですか…はい、そうですよねぇ。だったら、それに見合う気持ちでいきましょうか。



 試合中、仲間内では密集を意識してやってたんだ。特にタスキの最前列はね。けど、どうも密集状態がキープできなくて。。途中、おれも一度密集の中に入ってみたんだけど、なかなか居心地のよろしいこと(皮肉)。
 男ってのはさ、体と体をぶつけ合わなきゃ熱くならないもんじゃね?どこの国でもどの民族でも、血沸き肉躍るような祭なんかは体をガシガシぶつけあうもんじゃんか。
 どーもうちの若い連中、上品サポーターっていうか何ていうか。兎に角、勿体無いんだよな。そんなだからいつまで経ってもおれ達みたいなおっさん達がのさばっちゃうのだと知れ。
[PR]

by f.c.barg | 2007-04-17 21:45 | 大宮アルディージャ


<< 紺タスキに違和感を感じる男の歌      MVP >>