parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 14日

友蔵ソウル・ネバー・ダイ

【清水0-1大宮】
明日こそ 何か良いこと あるだろう (友蔵 希望の俳句)


 タイトルの件について。正しくは次郎長ソウルですが、今日の清水は何となく友蔵ソウルに感じました。清水の皆さん、次に会いまみえる時を楽しみにしております。頑張って下さい。

 今の大宮って闘い方がはっきりしてて、それが一つ上のカテゴリーでも通用したのは嬉しいもんです。もちろん「良い状態のチームと悪い状態のチームが闘ったからこんな結果になった」という見方も捨ててはいけないとは思うんですが・・・。
 調子が悪いとは言え、相手は一つ上のカテゴリー。前後半とも最初の15分間は耐える時間でしたからねぇ。でも、耐える時間を耐え、ちゃんと結果にしてみせた大宮は誇らしい。嬉しい結果です。
 次の天皇杯5回戦はリーグ戦終了2週間後の12月12日(日)って事で、落ち着いて万全の準備をした上で臨めるんですね。ただし、それは相手の東京も同じことなんですが。。。まぁ、次の天皇杯、燃料系vs通信系のライフライン・マッチの事はリーグ戦が終わってから考える事にします。

 さて、次の試合はわぁわぁ言われとる水戸戦。内外含めて昇格うんぬん騒がしいですけど、まだわたくしどもが得たのは2位か3位が確定したって事だけ。まだ昇格は保証されていないんですよ。
 それどころか、次戦の結果なんてどうなるかわかったもんじゃない。水戸とは今期3回対戦して1勝1敗1分の泥イーブン、しかも3戦全て先制点を許してるじゃないですか(確か)。11月20日を歓喜の日にしたけりゃ、こっちもそれなりの強い気持ちで試合に挑まなきゃあきませんぜ。と、自分は自分に言い聞かせてみた。

b0010964_126163.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2004-11-14 01:31 | 大宮アルディージャ


<< 再入手      それなりの理由 >>