parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2004年 08月 30日

気配りとは、こういう事さ

【京都2-1大宮】
ラララ〜ラララまつ〜いだいすけーっ!


 京都から帰ってまいりました。結局、松井さんのラストゲームを心憎く演出。。。流石は大宮、総意は裏切れないんですねアナタ達。松井の後輩、田原に決勝点を決めさせる気配りまで見せる始末・・・。

 取りあえずしんどかった、やっぱり蒸し暑かった。試合の方は、、、あんまり覚えてないっす。或いは現実逃避的プチ記憶喪失か?
 覚えてるのは試合後、挨拶に来た森田が任天堂の看板をちょこんとけッ飛ばしてた事。。。8月の月間フォワードは森田だけだな。昨日は金澤のシュートがバーに当たった跳ね返りを頭で押し込んで「運が良かったです」のコメント。いやいや、それだって大事な事だよ。だっていいとこに詰めてた訳だし。今の大宮にこぼれ玉を押し込める奴が何人いるって?何しろ今の大宮にはそういう当たり前だけど大切な事をちゃんと・・・‥‥‥……
(以下愚痴の為省略)


 それと、今でも耳に残る松井コール(サザンの<勝手にシンドバッド>ね)。蒸し暑かったけど、コールの合いの手に入る「だいすけ〜っ!」(女声)に悪寒ゾクゾク。黒部のコールもある意味においてスゴかったなぁ。

あまりの暑さとサムさに、こっちも凶徒になりかける。そんな盆地の夏でした。
b0010964_23214752.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-30 23:56 | 大宮アルディージャ
2004年 08月 29日

ぷらっと遠征

 皆さんおはようございます。わたくし、本日より1泊2日で京都へ遠征いたします。交通手段は新幹線、ただし<こだま>ですけどね・・・。

 もし台風来て大雨なら海水パンツ履いて応援しよっかなぁ〜などと思っていたのですが、京都はあんまり雨が降らないらしい。じゃあ普通でいいや。
 ところで、他人の事を心配する余裕なんてありませんけれども博多の試合は大丈夫かいな?せっかくドームがあるんだから使わせてもらえば良いのにね。
b0010964_5265319.jpg
←2004/8/29
  4:00現在
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-29 05:32 | 大宮アルディージャ
2004年 08月 28日

第3の男

 日曜は京都戦。てっきり京都盆地は灼熱地獄になるもんかと思っておりましたが、台風のお陰でそんなに暑くなさそうですねぇ。でもずぶ濡れるますね絶対。それもイヤだなぁ。。まぁ試合中はどうでもいいんだけどね。

 京都、松井選手のラストゲームだそうで。秀喜・稼頭央に続き、世界に羽ばたく第三の松井は<大輔>か‥‥前の二人に比べて名前にひねりがない感じがしちゃいますね。今度の松井はニューヨークじゃなくってフランスのル・マンに行くのかぁ〜24時間も走り続けなくちゃならないなんて大変だろうなぁ。頑張って欲しいですね、9月から。
 僕ら大宮が彼の為にできる事、それは彼がこれから世界に羽ばたくのに絶対必要となる『悔しさ』という糧を与えてあげる事でございます。
 空気なんて読むな。憎まれよう。ワルモノ大宮で行こう。
b0010964_1384720.jpg
←3月13日 開幕戦の帰り
 黄昏れる京都タワー
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-28 02:18 | 大宮アルディージャ
2004年 08月 27日

非・オススメ映画

 何年か前、映画を見まくってた時期があるんですね。何でそんな事したのか全然思い出せないんですが。。。
 気になった映画は片っ端から見てしまいました。良かったなぁ〜って思った映画ももちろん沢山あったんですけど、そういう話はつまらないので今は止めときます。それよりも「これは見るな!」という警告の方が絶対役に立つんではないか、思いまして。

 なんと言っても、パゾリーニ。パゾリーニの「ソドムの市」は二度と見る事はできないです。ノンモラルの極みです。よくもこんな映画を完成させられたものです。違う意味で感心します。狂気の沙汰もんです。ありえません。ありえません。
 まぁ僕はぜ〜んぶ見ちゃったんですけど、あんなにまで凄くイヤな思いをしてまで何故あの映画を最後まで見てしまったのだろう?今でもわからない・・・。

 もう一本、アレハンドロ・ホドロフスキーっていう監督のカルト系大作「ホーリー・マウンテン」
 これはキライじゃないんですけどね。むしろ随分と刺激も影響も受けたし興味深かったんです。でももう一回見る気にはならないっす、インパクト強すぎて。トラウマ一歩手前まで来ましたね、これ。
 この監督の他の作品も興味あるんですけど、見たいけど見られないんですよ。ホドロフスキー監督の映画ってヘコんでる時に見たら絶対精神汚染されちゃうと思いますよ〜まじで。健全な生活を送ってる方は見ない方がよろしいかと思います。ただでさえグロっぽいし。

 他にもシュレンドルフ監督の「ブリキの太鼓」とか、ギャスパー・ノエ監督の「カルネ」とかもトラウマ一歩手前でした。

 この辺の映画ってアート系とかカルト系とか好きな人は当たり前のように見てるらしいですけどね〜その理由もわかるけど、やっぱキツいって。
 勿論こういう映画も見てきたから今の自分があるんですけどね、って妙な小奇麗さで話を纏めてみたりしてーえへへ♪

 ちなみに‥‥心が洗われるのは、何と言ってもタルコフスキー監督の映画ですね。見てるとすんごく眠くなっちゃうけどね。。。
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-27 02:30 | みたよきいたよ
2004年 08月 25日

丸めてポイ

【大宮1-1山形】
捨てちまえ 理由を
捨てちまえ 苦笑いの日々なんか
ティッシュに丸めてポイだぜ
          (捨てちまえ/THEATRE BROOK)


ってな訳で試合後、ニガ笑い止まらず→申し訳程度の勝ち点1頂き→内容はティッシュに丸めてポイ。

 今の大宮、後半勝負なのがあからさますぎ。それなのに前半から一生懸命応援してる自分に、思わず苦笑いですわぃ。<後半勝負>で無敵体現できてるんなら完璧支持しますけど、そうじゃないもんねぇ、ははははは・・・。
 そんな、今年最後の平日開催でございました。

 まぁ、次だね次。過去、大宮はアウェイ京都で負けた事が無いというジンクスあり。良いジンクスは崩さないように。
 ジンクスと言えば、大宮って2年連続で昇格プレゼンターなんですよね〜おととしは大分去年は新潟。。。
 聞いた話では、川崎って最短で9月11日に昇格決められるかも知れないらしいっすよ、って対戦相手はウチじゃんか。。。断固阻止だ阻止だぁ〜みんなで絶対阻止すべし。
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-25 23:14 | 大宮アルディージャ
2004年 08月 24日

韓流☆ハード・コア

 ウチの母が韓流という病気にかかったのは、もう1年くらい前。その頃、世の中がここまで盛り上がっちゃうとは思ってもみなかったものだなぁ。。。

 ウチの母は一旦走り出したら加速したまま止まらなくなっちゃうお方なので、もう家中コリアニズム全開で大変です。もちろんハングルだって勉強中。教育テレビなんて生易しいもんじゃありません。市民講座2つと個人レッスン、全部で3つ掛け持ち。あのお年頃でよく勉強なんてする気になるものだなぁ。
 韓国ドラマの為にDVDレコーダーも買った、プラズマテレビも買った、ケーブルテレビにも入った。(おかげでDash!Ardijaを見る事ができる、という利点アリ)
 もちろん韓国へも飛んで行ってます。この前もソウル行ってピストル撃ってきたらしい。そしたらターゲットの頭とか心臓とかびしびし打ち抜いたらしい。んで、シューティング屋さんに「あなたは大変上手です」と言われたらしい。

 そんな母はスナイパーではなく、元・プロ料理人。料理の腕で稼いできただけあって、何を作らせてもだいたいウマい。普通、家族の事を話す時には謙遜するものだけど、そういうのをさっ引いてもかなりウマい。
 んで、料理を食べただけで、材料は何で、どんな風に調理して、どんな味付けで‥‥みたいな事まで理解できちゃうらしい。

 そんなこんなで前置きが長くなりましたが、、、ここんとこ韓国料理がよく出てきくるんですよ。しかも本格的なのが。今夜なんてサムゲタンですよ、サムゲタン。ちゃんと鶏をまるごと一羽使っちゃったりしてますし。で、すんごくウマい。

b0010964_0315031.jpg←圧力鍋の中のサムゲタン様です
 写真だとあんましウマそうに見えない…
 けど実は極々ウマい
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-24 00:45 | 食いしん坊ばんざい
2004年 08月 23日

江ノ島の人喰い猫伝説

湘南で思い出した。。

 5月くらいに江ノ島〜鎌倉に行ったんですが、江ノ島で危うく猫に食べられそうになったことがあります。咬まれたんじゃなくって、食べられた。

 その猫はお花畑の端っこで寝てたんですが、僕が近づいてくと足の指のにおいをくんくん嗅ぎ始めたんですね。サンダル履いてたんで、足がむき出しだった訳です。
 そしたら次に、足の指を舐められちゃったんですよ。くすぐったかったから僕は思わず足を引っ込めちゃったんですが、その瞬間、逃げる獲物を捕らえるが如く、前足でしゃっと足を捕らわれてしまいました。そのときの猫の目、すんごいギラってました。。
 そして猫はおもむろに僕の右足の中指に食らいつき、そのまま口に含んでもぐもぐもぐもぐ食べ始めてしまったんです。ただ咬みついたんじゃなくって本当に味わっていましたよ、あれは。

 江ノ島にお越しの際、ある種のにおいを足から放っている方は食べられないように気をつけて下さいね。
 あるいは、僕の足はスルメみたいなものなのかも知れません。試してみたい方、試食は応相談で・・・


b0010964_27378.jpg←こいつです
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-23 02:38 | かく語りき
2004年 08月 22日

開設記念

【湘南2-3大宮】
平塚競技場で勝ったの、初めて見ちゃいました〜えへへ。


 2位争いは落伍者待ちの様相を呈してまいりましたねぇ。内容は無い様でも結果だ、結果。今宵は結果が出たからそれだけで嬉しいぞ、とか思っちゃったりして。甘いなぁ自分って。。それは兎も角、蒲鉾はおいしく頂きました〜どうもありがとう。ちっこかったけど。。。

 試合に勝ったのは良かったんだけど、前回の平塚遠征に続いて今回もO川さんの魔の手が・・・。彼に呪いをかけられたお陰でじゃんけんに負けました。
 今後、僕の事を「よー」とか「よー様」とか呼ぶ方がいらっしゃいます。また、シチュエーションによっては僕に対して「よー」と呟く事によって、僕のポテンャルが著しく低下する場合があります。それは全て呪いによる影響です。
 とほほ‥‥

b0010964_2383463.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-22 02:40 | 大宮アルディージャ
2004年 08月 21日

明日は平塚戦

なでしこじゃぱん、負けてしまいましたね。。。
2失点目の場面だけ見ると、何だか山郷がいじめられてるみたい‥‥で、とっても嫌な気分。イジメ、かっこ悪い。

はてさて、一夜明けたら大宮の試合だぁ〜うひひひひ。サイト開設後初めての試合なんで、取り敢えず興奮しております、ふんっ。
せっかくだから気の利いたコメントでも載っけときたいところですが、いかんせん疲れた&明日の為にちから貯めときたいところ。

取り敢えず、相手が1万人だろうが何だろうが関係ないっす。4万人超vs100人足らずよりは全然ラクちん。

平塚で勝ったの、まだ見たこと無し。
初体験目指して、明日はぴょんぴょん跳ねてわぁわぁ声出すのみだね。
加えて、、、東海道線で独り寂しく平塚まで弾幕抱えて行くのはもぅイヤだよぅ〜ホントまじ頼みますよ、O川さんっ!

[PR]

by f.c.barg | 2004-08-21 02:55 | 大宮アルディージャ
2004年 08月 20日

頬髭奇談

これからお話する事は、私こと<ばあぐ>に本当にあった出来事です。信じるも疑うも、全ては読む方々にお任せいたします。。。

 仕事の合間、洗面所に行った際にふと鏡を見ると、左の頬に吹き出物らしき赤い腫れがある事に私は気が付いた。その腫れ物には、何故かほんの数ミリの黒くて細い筋があったのである。それを見た私は、剃り残した一本の髭の根元、その毛穴に雑菌が入り込んだ為に化膿してしまったものと思った。
 私はその腫れ物が気になってしまい、指先で軽く触れてみた。しかし、指先はただ頬の表面をなぞるだけである。つまり、その黒い筋は皮膚に直接刻まれているか、もしくは皮膚の中にあるものであったのである。
 奇妙に思った私は、皮膚に刻まれているのか中に入っているのか分からないその黒い筋が何なのか確かめたく思い、指先でぐりぐりと押すように触ってみたのである。すると、腫れた皮膚の表面があっけなく破けてしまった。そしてその次の瞬間、その破けた皮膚の中から一本の毛がひょろりと出てきたのである!

 私は驚いて、思わず「うおっ」と声を出してしまった。幸い洗面所には私一人しかいなかった。
 私は鏡を覗き込み、頬から生えてきた毛をまじまじと眺めた。それは長さが2cm程で、普通の髭より少し太いように見えた。それまで頬の中に隠れていたとは思えない程、くっきりとして太くて長い毛であった。
 私はおもむろにその毛を指先で摘んでみた。すると、毛はあっさりと抜けてしまったのである。私は、摘んでちょっと引っ張ったのみ。痛みも伴わずに抜けてしまった。
 私はあっけに取られ、腫れ物が潰れて赤い点となった頬を水で洗い流し、ペーパータオルで頬を拭いた。頬の中で成長を続けた健気な髭については、職場に持ち帰って皆に見せてみようとも思ったが、汚らしいので止めた。そして、頬を拭いたペーパータオルに包んで捨ててしまった。


 あと数日は、私の左頬に赤くて小さな腫れが残っている事であろう。もし私に会った時に左頬に赤く小さな斑点を見る事があったなら、その中でゆっくりと成長を続けた一本の毛が確かにあったという事を、是非思いだして欲しいものである。
[PR]

by f.c.barg | 2004-08-20 01:41 | かく語りき