parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 31日

ニューファミリー

 山下が来た。僕にとっては、彼に付きまとっているイメージみたいなもんはどうでも良くて、大宮メソッドをどれだけ会得してくれるか?ってことだけ見ていきたいっす。
 何はともあれ、居候とは言えども新しいファミリーだ。点さえ取ってくれれば、歓迎しまっそ。

 埼玉新聞を見てみると、ブラジル人FWも獲得するみたいですね。ま、外国人枠はしっかり埋めた方が絶対にいいと思うし。桜井の状態を考えたらFWは2人捕ってもいいんでねぇの?って思いますね、自分も。
 あと、中盤は捕らないのかな?もし捕らないとすれば、監督は現状で満足してるってこと?ふぅん・・・あ、僕はそれならそれで、良いよ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-31 23:27 | 大宮アルディージャ
2005年 08月 31日

ニューオーリンズ

 にゅ、にゅ、ニューオーリンズが水浸しになっちまった。市街地の8割が水没って、ヒドいもんだ・・・。ちくしょう、カトリーナの奴め。。

 たった数カ月だけだったけど、僕はニューオーリンズに住んでたことがあります。毎晩のようにクラブへ行って音楽をあさって、ヒマな時はフレンチ・クォーターをぶらぶらしたりオーデュポン公園でぼおっとしたりミシシッピ川の河原でぼけっとしたりして。んで学校にはろくすっぽ行かなかったりして。。兎に角、自分が東大宮以外で住んだことがある街は、ニューオーリンズだけなんです。
 そのニューオーリンズが、水浸しになっちまったよ。ニューオーリンズの人達は、正直あまり勤勉では無いからなぁ。この先がちょっと心配だなぁ。(なんて思ってたら、案の定略奪ばっかしてるみたいだし…)

 国内でもいろんな場所でいろんな被害で被災されてる方もいらっしゃるであろうに・・・。でも自分は、自分が惚れ込んで渡ったニューオーリンズの街と人が傷ついてるのを見てしまうと、とても居たたまれないっす。
 ニュースの映像で、自分が歩いたことがある場所が浸水してるのを見ました。家々もクラブもボロボロになってました。フレンチ・クォーターでは人々が略奪してました。そんなの見るのは、ホントに辛い。しかも、自分には何もできない。
 もしニューオーリンズの救済や復興の役に立つような情報があったら、是非教えて下さい。お願いします。

b0010964_2024453.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-31 20:22 | かく語りき
2005年 08月 29日

バモ・ファンタスティコ

【大宮3-2清水】

 ホームゲームで初めて、コールをリードする。自分には、自分のできることしかできない。ゴール裏のみんなだけじゃなく、バックスタンドのみんなもメインスタンドのみんなも含めて、みんなの力をちょっとずつオラに分けて欲しかった。


 開門前の集会の時、僕は一緒に応援するみんなに「前半は我慢して後半勝負っす」と言った。でも、大宮は前半で崩れた。
 1失点目。ばたつくゴール前、相手のシュートにこっちのDFは誰も反応しない。「せめて足出せよ」とボヤいちゃったじゃないかよ〜ふんがぁ。
 2失点目。前半は失点1で抑えられれば…と思ってた矢先、ミドルでドン。またミドルかよ。。脱力した荒谷がなかなか立ち上がらない。おいおい、そこにゃ布団敷いてないよ。いいから立て、そして意地見せろ。
 そして後半終了。隣に立つ先輩から「戦え大宮」コールが振られる。そうだ、戦ってくれ大宮。そしてその中には、僕ら自身も含まれているんだ。

 ハーフタイム中、仲間といくつか言葉を交わす。でも今になって思い返すと、その時に何を話したのか全然覚えていないんだなコレが。そして選手が戻って来た。

 後半も「戦え大宮」から声が始まる。あんな酷い前半だ。そう簡単には勝てやしないって、誰だって思ってるだろう。だから、戦って欲しかった。
 後半3分、トニーニョのロングシュート。苦し紛れ?いや、来る!何か高鳴る。こっちに飛んで来る…誰かに当たって、曲がって・・・(何て長い時間)・・・ホラ、入った!!!そしてその瞬間、まるで愚痴を吐くように言ってしまった。「おい、今のシュートが入るって信じてた奴は何人いた?」と。そして、この試合は僕らのものにできるハズ、と感じた。その為には、まずはやるべきことをやらなきゃね。さぁ失ったものを取り戻せ、とばかりに応援応援。
 後半6分に森田が崩れた瞬間、いただき〜っと小ガッツ。トゥットのドキドキ☆PK(まじでドキドキしちゃったよ)も無事に決まって、歓喜よりむしろ安堵。さぁて、ここからは自分のテンションの高まりに任せてやってみようか、と回路を一つ切ってみた。あとは自分の中に宿るバモに、全て託すのみ。
 そして、久永の一撃。まさにバモ・マーベラスかつバモ・ファンタスティック。熊谷を手に入れるまで残り15分、チャント歌ったり煽ったり「la くまが〜やっ!」と叫んだり。。あぁ、もうすぐハッピーになれる。
 隣の先輩から「一言何か言って、無敵大宮だ」と声がかかる。「この試合はおれたちのものだ、絶対に手放すな」と言い、歌った。


 2点差をひっくり返せて、ハッピーだ。熊谷で勝てて、本当にハッピーだ。
 でも、思うんだ。前半は何だったんだ?ってことを決して忘れちゃいけないって。それから、この試合で終わりって訳じゃないんだってことを、一夜明けたら肝に銘じておかなくちゃいけないんだって。
 そう思いつつも、今も何だか痺れてるみたいなんだよね。今夜はちゃんと眠れるのかしら?
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-29 01:31 | 大宮アルディージャ
2005年 08月 28日

熊谷で復活を

 えーと、明日の試合に臨む心意気をどう表現しようか?と、いろいろ考えたんですけど。。。思い付きません。
 兎に角、勝ちたい。勝ちたいんだよコンチキショウめ。

 後になって後悔したくないもんね。強請るんじゃなく、託すんじゃなく、僕らも一緒に勝ち取ろう。
 今年最後の、熊谷で。
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-28 00:34 | 大宮アルディージャ
2005年 08月 25日

恋人は絶不調

【広島2-1大宮】

 試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、今回くらいは思っていいだろ?って感じてた。「こんなもん見る為に広島くんだりまで来た訳じゃ無ぇぞコンチクショウ・・・」ってね。あ、もちろんそんなこと選手には言いたくなかったし。そもそも、それを言う体力残ってなかったし。。うぅ

 狂喜の反対側スタンドにも、落ちに落ちまくる選手達にも、僕の眼はピント合わせられず、ただひたすら放心&脱力。そしたら、選手に向かって何やら叫んでる声が聞こえてきた。「オマエラサッサトカエレーっ!」とか何とか。嗚呼、試合終了直後だっていうのに、元気がいいもんだねぇ。
 試合中からああしろこうしろと大声上げて指示(?)出して、結局あんな負け方したら選手に罵声を投げる。まぁそういうタイプの方も、中にはいるだろう。そうしたいんなら、止めろなんて絶対に言わないけどさ。でも正直、そういう風に選手に託すだけ託して結局最後は元気一杯に怒号を浴びせるってのは、僕らの仲間達のスタンスじゃあないかもよ。僕らだって悔しいけどさ、結局一番悔しいのは誰さ?

 時にはキツい一言も必要なタイミングもあると思うけど、今年の大宮が掲げた目標を踏まえてこの一年の戦いを見据えれば、そんなのまだ早いかな?と思う。「甘い!」と感じる方もいらしゃるかも知れないけど、僕はまだ持ちなおせると思う。
 もちろん、キツい一言なんて発せずにシーズンが終わるのが一番善いんだけどさ。あ、でも正直、「キツい一発、近いうちに必要になるかも知れないかもなぁ」ってな思いが頭を過ってしまいましたけどね。。。ううぅ

 そんなこんなで、広島遠征もおしまい。帰りの飛行機、台風を避けて日本海側から新潟を通過して、えっちらおっちら羽田まで飛んでくれた。雲の上で、僕は僕自身に問いかけてみる。
 そもそも、何のためにそこへ行ったのさ?何を求めてそこに行ったのさ?誰の為に?何をする為に?自分達に何ができると思ってた?何を伝えようとした?どう伝えようとした?それに誰がどう応えてくれた?
 そして、あんな結果。果たして、何ができた?何を伝えられた?何を感じ、何が残った?何かを次に繋げることができるのか?そもそも、何のためにそこへ行ったのさ?
 うーん、ちゃんと答えられるかなぁ、自分。。。うううぅ


 もしあなたの恋人が絶不調になったら、あなたは恋人の為にどんな行動を起こしますか?
 ただひたすらに無償の愛で励まし続けますか?それとも、多少厳しい言い回しでも奮起させようとしますか?それとも、何も言わず微笑みながら信じ続けますか?それとも、お前のそんな姿は見たくないと罵声を浴びせますか?それとも、調子が上がるまで会うのを避けますか?それとも、何も言えませんか?それとも、それとも、それとも・・・・・・。
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-25 22:26 | 大宮アルディージャ
2005年 08月 24日

愛は盲目

 静岡はまぁ兎も角、埼玉と広島を含めて「御三家」なんて呼ばれてたのはいつ頃のことだっけ?まぁいいや。そんな話は置いといて、広島遠征だ。

 中二日での対戦だし、平日だし、遠いし、しかも台風が来るとか来ないとか・・・。この状況、逆にやる気が増し増してくるってもんだ。スッカスカの国立に続き、スーカスカのビッグアーチを堪能してやるわい。違う意味で、大宮の恐ろしさを思い知らせてやる。(って、自虐的?)
 で、個人的には、広島へ行くのは2回目なんですね。あ、前回は修学旅行でしたけど。2003年は広島へ行く機会に恵まれず、遠征で広島へ赴くのは今回が初めてになります。。ふふふふふ、ヤってやる。

 因みに、広島へは日航機にて乗り込みます。ただでさえJALなのに、さらに加えて台風です。何故か職場でも家庭でも、まるで死にに行くかのような扱いを受けております。
 ・・・帰って来られなくても、構うもんか。広島で待ってろよ、大宮。明日、お前達の為にそこまで行ってやるからさ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-24 01:00 | 大宮アルディージャ
2005年 08月 23日

初めまして、国立!

【東京V1-1大宮】

 試合前の話。
 
 せっかく国立に来たんだし、って事でホープ軒へ行ってみる。ホープ軒のラーメンなんて、多分10年振りくらいに食べるんだけど、前に食べた時はサッカー見に来た時じゃないんだけどね。。うん、真夜中の味がする。

 せっかく国立に来たんだし、、って事でbomboneraへ仲間と共に行ってみる。大宮だからって事で、オレンジの12シャツを用意してあると聞いたんだけど・・・あ、これはどう見ても違うチームの色ですねぇ。。その旨を踏まえ、店員さんにもっと濃〜いオレンジと濃〜い紺色でTシャツを作って欲しいんだけどなぁ〜と申し伝えてみる。ま、言うだけはアレですから、ね。
 という事で、取りあえず何か買って帰ろうかと物色。Rabona買おうかなぁと迷いつつ、ふとウルトラスのシャツに目が行ってしまう。あ、どうせナビスコ終わっちゃって大阪遠征無くなっちゃったし、その分で来月は宮城に行ってみようかしら?という訳で、ウルトラスTシャツお買い上げ。

 あ、肝心の試合の話ね。。

 もちろん、このスタジアムは初めて来た場所じゃない。
 試合前に僕は、手すりによじ登り、人様より高いところに立つ。国立のピッチを見下ろす。そこには愛すべき大宮の選手達(オレンジ&ネイビー、ホームユニだし!)。そして振り返れば、共に大宮を愛し、共に大宮の為に戦う仲間達。試合前だけだけど、僕はトラメガを握り、仲間達に向かって声を投げ、コールを振る。
 浮かれたりはしない、浮かれたりするもんか・・・。でも正直に言えば、僕は明らかに昂揚しちゃってた。どこで試合をしようと、目指すは同じ。でも、お恥ずかしい話だけど、国立ってことでちょっと興奮しちゃいました。。でもそれは、浮かれちゃってのことでは無いよ、と言い訳がましいことを言ってみたりして。なによりも、この場所で大宮と共に勝ちたい、って心から望んだんだよね。
 それから、「あ、国立ってこういう場所なんだ・・・」って思う。ここで刻まれた歴史のことは、テレビや雑誌の話でしか知らない。でも今日、この場所に対する感慨は変わった。

 そうそう、前半45分間は、12ゲートの柵の上に立ってみたんですよ。
 柵と言ってもブロック塀みたいな感じで、階段に沿って斜めになっているから立ってるだけでやけに足首が痛くなる。オマケに、気を抜くとバランスが崩れる。そんな不安定な場所に立ってるから、自然と気が引き締まる。そんな状態で大宮ゴール裏を見渡してみると、随分といろいろ見えてしまった。ま、そのことは時間を置いて考えてみて、機会があればいずれまた。。

 試合後、O川さんのクルマに乗っけてもらった。ホントにいつもありがとうごいざいます。ただでさえよくクルマに乗せてもらってるのに、今回はさらにオマケにベイブリッジを通ってお台場の夜景まで見せてくれて、わざわざ遠回りまでして頂いての御好意、本当にありがとうございました。
 家に帰って、録画しておいたNHK-BSの生中継を見る。それを見終わって風呂から出てきたら、日テレの録画放送が始まるところだった。またも見る。眠い目をこすってまで、見る。熱血サポーターぶってる自分だけど、性根はかなりミーハーであったりする。。。

b0010964_1113837.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-23 01:07 | 大宮アルディージャ
2005年 08月 20日

お値打ちホーリィ・プレイス

 聖地、国立である。僕ら大宮は、初めてそこに立つことになる。今まで天皇杯で、そしてナビスコで、散々目指し続けた国立は、対戦相手の巡り合わせにより立つことができる場所になった。J1というものを、あらためて実感してしまうね。ついつい、そんな風に感じてしまうよ。

 そんなことが頭の中をぐるぐる回って、そしていつものように我に帰る自分。
 聖地と言えども、国立であっても、別にボーナスゲームでも何でもないじゃん。国立での試合なら勝点が倍になるって訳じゃないんだ。ただ国立で試合があるってだけじゃないの。。世界の何処で試合があろうと、ただ勝利を目指して歌い飛び跳ね続けるしかないんだよね。

 国立だからと言って、浮かれて熱を下げちゃいけない。お客さん気分で国立に行ってはいけない。今回については、国立で試合ができることには何の価値もないから。
 ま、勝てば何かしらの付加価値が付いてくるかも知れないけどね。。。
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-20 02:08 | 大宮アルディージャ
2005年 08月 17日

魔法の言葉

 別れた女にゃ未練があるが、大宮を捨てた奴には未練はない。。。という訳で、全然違う話をしたいと思いまーす。


 サポティスタ見てたら、NHKの山本浩アウンサーの実況中継オープニング名ゼリフってのに辿り着いたんですね。いやぁ、常々思っておりましたが、山本アナは最高です。何故にここまで心の琴線をぶぃんぶぃんと震わせてくれるような言葉を吐けるのか?
 そう!この名言集を見てて思い出したんですよね、98年のアルゼンチン戦の中継の事を。

「声は、届いています。遥か東の方(かた)から、何百万何千万もの想いが、大きな塊になって聞こえてくるようです。遠かった道のりでした。本当に、遠かった道のりでした。」

 その頃の僕は、ごくごく一般的なサッカー好きだった。代表の試合はテレビでしか見たことはなかった。代表が負けても「あ〜あ」で済むような人だった。ジョホールバルの時も「やった〜っ!」で済むような人だった。
 そんな僕でも、山本アナの「声は、届いています。」の一言で、むちゃくちゃ震えましたよ。ゾクゾクして、何だか不思議と泣きそうになってた!それまで「あ〜あ」と「やった〜!」で済んでしまっていたフランスへの道程が、一気に親密さを伴って思い出されたりした。そして、僕の内側から発せられた声が、ホントにトゥールーズまで届いてるんだって、そう感じましたよ。
 多分、僕のきっかけはこの瞬間だろう。ここから、サッカーに対する想いは明らかに変わった。山本浩アナウンサーの一声は、僕のサッカーの産声みたいなもんだ。そんなことを思い出したんですね。

 明日はワールドカップ最終予選の最終戦。山本浩アナウンサーなら、明日の試合をどんな言葉から始めるんだろう?


 オマケって訳ではないんだけど、自分も今回初めて知った山本アナの言葉に、こんなのがありました。2001年のJ1リーグ1stステージ第10節、鹿島vs鹿島。県立カシマサッカースタジアムの改修こけらおとしの試合での言葉です。

「ホームチームには砦、アウェイチームには戦場。それが、スタジアムです。」

 そう、それがスタジアム。僕もそう思う。だから僕は、大宮の砦を絶対に死守したいし、大宮が戦場に赴いた時は渾身の後方支援をしたいんだ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-17 01:10 | フットボウル
2005年 08月 15日

夏休みはもう終わり 〜summer missile 2005〜

【横浜3-1大宮】

 三ツ沢とマリノスの組み合わせが、個人的で甘酸っぱい記憶を蘇らせたのは、間違いない。だからこそ、この「負けたら終わり」ってシュチュエーションは、ともすれば感傷に浸りかねない僕にもってこいだった。極上の思い出を振り切る為の戦いであったとしても、追い詰められた状況で勝ち抜ける為の戦いであったとしても、どのみち僕はこの試合に過度に入れ込んじゃうしか無かった。
 ただでさえ、入れ込んでいる。その上、国に帰った奴1名、ケガして抜けた奴2名、試合開始5分で消えた奴1名。ねぇ、ただでさえ随分とこの試合に入れ込んじゃってるんですよ。それなのに神様、これ以上僕にどうしろっていうのさ?ピッチに立てない奴の分は、僕らが補うしかないでしょ。
 嗚呼、なんて重たい試合なんだろ。


 試合が終わった瞬間、僕は寂しいと感じていた。とてつもなく寂しかった。そして、「大宮が戦うステージが一つ、幕を閉じてしまったんだ・・・」って、当たり前のことに気が付く。それはまるで、やり残したことがあるのに夏休みが終わっちゃったみたいな感覚。あぁ、力が入らない。
 試合後、帰りの車に乗るまでのことをよく覚えていない。自分の部屋に帰ってきた今は、随分と目が冴えている。今夜は明け方まで眠れそうもない。

 そして、戦いは続く。。。
[PR]

by f.c.barg | 2005-08-15 02:04 | 大宮アルディージャ