parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 31日

カシワ戦記 3

 開門前、柏の警備担当者が説明しに来たよと、ゴール裏の仲間から声を掛けてもらったので、話を聞いた。

 ①今後のタイムスケジュール。列移動が12時から12時半の間(適当だな)で、開門が13時半とのこと。列移動の時間が決まったら事前に教えてくれるってことで、まぁ問題なし。
 ②横断幕の掲示場所。アウェイ側ゴール裏の後ろにある壁と、メインスタンドのアウェイ側一部の後ろの壁とのこと。尚、アウェイ側ゴール裏には緩衝地帯を挟んで柏の席も設けられるが、そこにも大宮の横断幕を掲示可能だとのこと。幕を貼る場所が少ないのは初めからわかってたので、問題なし。
 ③応援について。事件が起きた名古屋戦を踏まえ、試合終了後は勝敗に関係なく選手が挨拶を終えたら応援行為を止めて欲しいとの要望。それについて「選手の背中が見えなくなるまでは続けるけど、選手が完全にいなくなったら止めればいいってことでしょ?」と聞くと、「お願いします」との返答。
 ただし、こっちは2ヶ月間、全部負けっぱなしで極度のお預け状態だ。勝った時、みんながどのくらい昂るかなんて、想像できなかった。だからこっちから「ウチは2ヶ月間負けっぱなしだから、もし勝ったら歯止めきかなくなるかも知れない。そしたら自分でも止められないから、そっちからも止めるようにちゃんと働きかけて欲しい」と頼んでおいた。すると向こうは「それはこっちも同じなんで…」と返答。止めに来るのか放っておかれるのか、意味がわからない。ま、似たような状況だからお互い様だって言いたかったんだろうけどさ。。

 3つ目の話が曖昧だったが、何かあった時には伏線になるだろうと曖昧なまま話を終える。



 タイムスケジュールに関しては特に取り上げるような話もなかったけど、横断幕については非常に軽〜いトラブルがあった。どこにでもある話だけど、敢えてここに晒しちゃう。

 アウェイ側のゴール裏なら、バックスタンド側(柏用の席)の後ろにも掲示して良いと聞いていたが、その場所に横断幕を貼ろうとした方が念のため現場の警備員にその旨を尋ねたところ、「確認します」との返答があったそうだ。確認の結果、警備員からもOKが出た。最初からOKだったんだから、当然なんだけども。

 どこにでもある、連絡不行届きの事例だね。でも、「あんな事件が起こった後でも連絡不行届きが発生してるんだな」と思った。そりゃ今回不行届きだった情報は、ただの横断幕の掲示場所だけどね。でもさ、例え些細なことでも、現場に直面してる人が確認に時間を要してる状況ってのは、何かあった時の対応の遅れを予感させて不安なもんだよね。
 それとも、相手が大宮だったら大した問題も起きないだろうって、勘ぐられてたのかな?



 話は飛んで、試合に勝った後。
 試合終了後の応援については、事前にコールリーダーに伝えた。伝えただけでなく、もし度を越えてしまったら自分としても動くつもりでいた。

 試合に勝ち、コールリーダー自ら「巻きで!」とみんなに伝えながら歌う。「ホントはあなたが一番弾けたいはずだろうに」と思い、その気遣いに思わず微笑んでしまう。
 インタビューを受けている藤本以外の選手の背中が見えなくなる。選手がまだ一人残っているから、もちろん歌う。すると、歌を止めて欲しいと警備が伝えているようだった。「まだ一人残ってるじゃないのさ」とは思ったけどね。僕は太鼓のすぐ後ろに行って、適度なところで止めるよう伝える。
 選手は全員帰った。でも、ゴール裏にいる多くの人が歌いたがってる歌がひとつ残っている。コールリーダーは警備と揉めながらも、その歌をみんなに振った。歌うのを心待ちにしていたみんなの為に、彼はそれを抑えられなかった訳だ。
 歯止めが効かなくてゴメンね。でもさ、「それはこっちも同じなんで」。



 後片付けをしている最中、警備担当が声を掛けてきた。何でも、スタジアムの外で喜んでいた大宮サポーターに柏サポーターが絡み、軽いトラブルが起きたらしい。
 警備からは「そういうことが起きたので、柏サポーターの前では気を付けて下さい」と言われる。てっきり、天皇杯の時みたいに柏サポーターと隔離する状態になるまで警備担当がくっ付いてくるのかと思ったけど、気を付けてって声掛けだけか。。ああいう事件も起こったんだからアウェイ側はむしろ縛りがきつくなってるもんだと思ってたんだけど。まさか、むしろ緩くなってるとは。。。
 ひとまず、仲間にその旨を伝え、顔見知りにも伝える。喜ぶのは、大宮に帰ってからでも遅くはないだろうし。

 後片付けを終え、スタジアムを出る。雨を避ける為に公園内の木の下に集まり、次の試合への打ち合わせをする。2年前はミーティング中も警備がくっ付いてたけど、今回は付きっきりの警備が居ないように見えた。

 打ち合わせを終え、通りに出る。すると目の前を太鼓やら旗竿やらを持った別の一団が通り過ぎる。柏サポーター達だ。
 唐突に、公園入口に突っ立ってた警備から「少々お待ち下さい!」と焦った声がかかる。
 そんなことは事前の説明には無かったから、僕らはそのまま進む。交差点に面した公園前には、既に多くの柏サポーターが集まっていた。特に挑発するでもなく、挑発されることもなく、そのまま彼らの横を通り過ぎ、僕らは交差点を渡って行った。



 サポーターと言えども、クラブにとっては客だろう。アウェイ側にいた柏の人(クラブの人かな?)なんて、すごく感じの良い笑顔で大宮サポーターを迎えてくれてて、お客さんとして大事にしてる雰囲気は出てたように見えたよ。でもさ、そういうのに何か違和感も感じるんだよね。
 客商売だから失礼があっちゃいけないんだろうけど、警備が緩いってのはむしろ客としての扱いに欠けてるように思っちゃうんだよね。こんなのは、勝手な言い種かも知れないけれども。だって警備がきつければ、それはそれで文句を言うだろうからさ。。

 荷物を抱えて駐車場に向かいながら、何ごともなくて本当に良かったとは思った。
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-31 05:37 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 30日

カシワ戦記 2

 日立台のアウェイ側、ゴールの真後ろ。仲間達が確保した席のうち最前列を空けて、太鼓陣取らせた。余った連中は、2列分の席に押し込める。
 いい密集度だった。前の試合からこんな風に密集するようになったけど、こんな当たり前のことを実現するのに、何でこんなに時間がかかったんだろ?

 今日の森さんには、いつも以上に闘気がみなぎっているように見えた。勿論、大宮を応援している皆みなぎっているのだろう。これから大事な試合が始まるってのに、余計な力みがどこにも無い。単純というか、純粋な雰囲気だった。とても心地が良い。
 試合前のフォームアップが終わり、場内放送で選手紹介が始まる。大宮の選手の名前を呼んでいる最中、反対側からはブーイングやら太鼓の音やら聞こえて来る。報復という訳ではないが、柏の選手紹介に無敵大宮を被せてく。
 選手紹介の後、向こう側ではYou are my sunshineに乗せてビッグフラッグが広げられる。すかさず、「寝ても大宮・覚めても大宮」と被せてく。焦りも余裕もなく、ただやる気だけが高い雰囲気で、本当に心地よい。


 選手入場。歌を歌い、旗を掲げる。今日この試合に臨めることは幸せなんだと感じる時間。前半は大宮がこっちに向かって攻めてくる。じゃあ前半に決めてもらおうじゃないの。
 キックオフと同時に、ゴール裏の中心が弾ける。初っ端からいい感じのモッシュ、たまんない。選手も初っ端から打ってくる。いい傾向だ。大宮には、どんどん前に来て欲しかった。例え外しても「いいトライだ」と称えてやりたかった。今日は、こっち側だけじゃなくピッチ側にも、余計な力みが無さそうで安心した。

 向こうに先制されたけど、「またかよ」なんて思えなかった。「今日はいける」と確信していたのか、それとも先制されることに慣れ過ぎてるだけなのか。どっちにしろ、今は攻めるしかない。失点したことすら、攻める雰囲気に水を差すようなことだとは感じられない。空気は変わっていなかった。
 僕といえば、随分と興奮していた。治りかけの風邪と朝飲んだ風邪薬のせいで、脳みそが軽く溶けちゃったんだろうか。。そんなの知らないけど、興奮した状態のまま同点弾と逆転弾を網膜に焼きつけることになった。周りがどうだったかとか見回す余裕も無く、ただプライマルな興奮と熱狂が内側からあぶくのように湧いてる感じだった。


 ハーフタイムに入り、数日かけて立て直した体調が崩れつつあることを悟る。前半が終わり腰を降ろした瞬間、頭が1.5倍大きくなったような重さを感じる。でも不安は無くて、むしろ試合終了まで持たなかったら自分の身体を呪ってやりたい気分だった。


 後半は、前半の熱狂に比べて幾分か落ち着いて臨むことになった。しかし、リードした状態で後半開始を迎えるなんて、いつ以来だろう?
 後半も半分を過ぎたあたりから、たすきに掴まらないと立っているのが辛く感じられるようになってしまった。頭が重く、ひどく酔ったときと同じくらいに目の前がぐらぐらしてた。跳び続けるのは無理だけど、声が出続ける限りはここに居ようと決めた。そもそも、応援行動が軟弱だと見られれば、バモな連中がちゃんと僕を追い払ってくれるはずだ。ここの温度は下げられないから、腹の底から声を出す。
 酸欠なのか、指先がえらく痺れるようになる。手を上げ続けるのも辛い。残り何分あるのかもわからないけど、試しに跳んでみると数コーラス分しか持たない。でもまだ声は出せる。目は開いていても、何を見ていたのかわからない。でも声は出ている。それはわかる。

 いいから早く終われと願い続けているうち、試合は終わった。

 試合が終わり頭痛は少し治まった。誰かの助けを借りる必要がある程ではないが、明らかに体調が悪い。寒気もするし、風邪がぶり返したことは、明らかだった。
 ま、7連敗を払拭するための代償なら、これは絶対に安い。


 レアンドロに対する印象は、試合毎に良くなっている。1対1の局面で外しちゃうけど、チャンスをつくり出そうと献身的に動いている。今回も決められなかったけど、早いとこ決めて欲しいし、決めさせてやりたいなと強く思った。


 何よりも強く感じたこと。忍耐って奴は、かなりの美徳だよ。
 とは言え、これだけ連敗したり余計な心配かけさせたりするのは、もう勘弁な。
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-30 22:17 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 30日

カシワ戦記 1

 柏戦当日、目覚めた時に風邪の症状は随分と治まっていた。これなら今日は持つかな?って。うん、いい感じだ。
 5時半過ぎに、小川さんが迎えに来てくれた。クルマの中で、仕事の都合で森さんの到着が開門直前になると聞く。大野さんは、そもそも試合に来ることができない。
 クルマの中で小川さんと話ながらも、頭の中では「開門までの間、どうしようか」と考えていた。日立台に着いて、仲間と戯れ言をたっぷり交わしながらも、頭の中ではいろいろ考えてた。

 この7戦、いろんな形で試合に臨んできたけど、結果的には全ての試合を落としている。つまり、まだ足りないってことだと思った。足りなければ、もっと足さなきゃならないし、もっと補う必要がある。足りないのは、ずばり得点だ。
 それから、せっかくの日立台だ。選手にはっきり声が届くはず。だから、いつも歌っている歌とは異なる声を送る機会が欲しいと考えた。もっと直接的な声を。
 日立台に着いてからからだけど、旗が増えてきたと改めて感じていた。以前に比べ、スタジアムにやって来るみんなが持って来る荷物に旗棒が増えている。自分らも旗とか幕とか使ってて魂込めてるけど、みんなだって同じだ。それを、もっと活かしたいと思った。
 そして、考えが一つに纏まる。

 開門1時間前。まだリラックスしている仲間を集めて話を始める。新しい歌の提案が「気軽に」行われ、「気軽に」保留となる。続いて、自分の考えを伝えた。仲間からは、賛同を得る。
 開門30分前。到着した森さんに、自分の考えと警備担当者とのやり取りを伝える(警備関連との話とかは、また後で)。全体的な動きになるので、アウェイながらもゴール裏全体に集まってもらった。そして、みんなからも賛同を得られた。
 余計なギミックなんかいらなくて、正直者が馬鹿を見る程にまっすぐに伝えたいと思った。どうか伝わって欲しいと、心から願った。



 開門し、断幕を貼る。ゴール裏に密集し、時間を過ごす。いつものように、選手が出て来るのを待つ。

 荒谷と智安が登場し、拍手で迎える。選手との近さを改めて感じ、どうにかして一体感を出したいと改めて思う。一体感とはいかずとも、せめて物凄く近い立場の存在なんだと感じさせたい。
 遅れてフィールドプレーヤー達もやって来た。大宮コールで迎える。スタメンのコールを始める前に何かやっとくとしたら何がいい?と聞かれたから、「ウケがいいのはレッツゴー大宮じゃない?」と答えたら、そのまんま拾われた。

 レッツゴー大宮に続き、スタメンを呼ぶのはいつも通り。サブまで呼んで大宮コールで締めて、そこで歌うのを止める。後は、旗を幕を選手に掲げ続けた。
 僕はトラメガで仲間に声を掛けた。
 「今日は、みんなの気持ちを旗を掲げることで選手に伝えよう。ずっと上げ続けるのは辛いけど、仲間と交代しながらでも、アップ中はずっと上げ続けよう。こういうメッセージの伝え方だってあるんだ。実感持てないかも知れないけど、続けることで、絶対に伝わるから。それから、せっかく声の届くところに選手がいるんだから、選手に思い思いの気持ちを伝えて欲しい。『頼むぞ』でも『頑張れ』でもいいし、選手の名前を呼ぶだけでもいいから、伝えて欲しい。」

 僕らは、周りのみんなに協力してもらいながら手書きの断幕を掲げ続けた。みんな、魂込めた旗やゲーフラを掲げ続けてくれた。旗を持参していない人達も、後援会の配る旗を掲げ続けてくれた。
 いつもなら、このタイミングで準備運動がてら歌って一汗かいているから、いつもゴール裏で歌っている人達には物足りなさがあったかも知れない。でも、手作りの旗や後援会の旗がこれだけ長い時間ずっとたなびき続けている大宮ゴール裏の光景なんて、自分の記憶の中では初めてだからね。絶対に伝わって欲しくて、たまんなかった。

 声に関しては、あまり出ていなかったように思ったけど、別にそれでも構わなかった。何しろ、声が一番欲しいと思っていたのは、シュート練習だったから。

 そして、待ちに待ったシュート練習が始まる。ここで「声」が欲しい。シュートを打つ選手を盛り上げ、枠に決めた選手を称え、外した選手を励ます。日立台の距離感なら、絶対にいい雰囲気が出せるはず。
 初めは数人だったけど、だんだん声が大きくなる。シュートを打つモーションに合わせての「オーッ…」、決まった時の「オーレーッ!」は勿論、外した時の落胆のため息もね。

 シュートこそ、一番楽しい。
 選手だって、シュートを打ちたいだろうし決めたいだろう。僕らだって、シュートを打ってくれるのが楽しいし、それが決まれば一番楽しい。そういう楽しさだからこそ、この距離感で盛り上げたかった。



 アップの時間をこれだけ楽しく送れたんだ。良い結果にして終わらせたいもんだと、強く強く願った。
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-30 18:18 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 29日

大宮の為に戦うことは、自分自身の為に戦うことと同じなんだ

【柏1-2大宮】

 1勝の重み、1勝の価値、1勝の大切さ、1勝の尊さ。
 1勝へのどん欲さ、1勝への渇望、1勝への努力、1勝への希望。

 それらを全て踏まえてもなお、1勝するなんて本当はありきたりなことなんだと知った。何て素晴らしいんだろう。


 「勝点30」の壁は、本当にあったんだ。それを越えた今、僕らはもっと自由に、もっと強く、もっと厳しく、もっと楽しく、大宮と共に戦えるはずだ。
 必ず、ね。
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-29 22:49 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 27日

エンジョイ・血戦!

 父さんが死んでからというもの、この言葉を使うことを意識的に避けてきた。でも、今は言うべきだろう。むしろ、言いたい。

 「死ぬ気でやる」

 死ぬ気でやろうが気楽にやろうが、どっちみち楽しいんだし。


 あ、でも。
 試合云々の前に、まずは風邪を治さなくちゃ・・・今の体調で試合に臨んだら、それこそ死んでまうよ。何しろ、咳がひどくなっちゃってまして。。最高の状態で試合に臨めるように、ちゃんと体調を調えとくよ。これに関しては、本気でね。
 自分が大宮を応援できない状況なんて、絶対に考えられないよ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-27 21:46 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 27日

かさぶたを剥がす日々

 クソタレな気分は月曜のお買い物なんかで随分と吹っ飛びました。何ていうか、かさぶたをちょっと早めに剥がした時のような気分、って伝わりにくいですね。。兎に角、今はいい感じで次の試合への気持ちだけ、じわじわと湧きつつあります。
 次の試合に向けての感慨なんかは、また今度。明日か明後日にでも。

 夏頃まではロックな音楽生活を送っていたのですが、ここのところはソウル/ファンク系に回帰しつつあります。で、どうせ聞くならとラテン系、ということでラテン・ソウルやらブラジリアン・ファンクやらを仕込んでおります。アツいのやらユルいのやら様々ですが、試合が無い日にはまぁ適切であります。

 最近は気分が乗らないみたいで、買い物に対する意欲が弱まってます。街には秋冬物が出回ってるっていうのにね。。それでも、オレンジ×紺の服やらスニーカーやらを見つけると思わず手に取ってしまうのは、習性みたいなもの。
 ネット通販サイトなんかを巡っていたら、ナイキからこんなスニーカーが出るみたいで今から気になってます。かつて僕もハイテク・スニーカーなんかに憧れてた時期もありまして、その中でも一等欲しかったのは、このフットスケープ。当時、やたら高い金払って買った覚えもありますが。。。そんな僕の気持ちを知ってか知らずか、まさか今更この配色リリースするなんてねぇ・・・あら、赤いスウォッシュは御愛嬌?

b0010964_125210.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-27 01:08 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 24日

クソッタレ

【大宮1-3浦和】

 試合が終わって、暫く動けなかった。
 反対側の声が止むまでは、悔しくて動けやしなかったよ。いつもなら、負け試合の後って、悔しいから後片付けをさっさと始めてしまうのにね。
 赤く蠢く肉の壁が静まって、ようやく動く気になる。弾幕を畳んでいる間、頭の中にあったのは「連勝中だろうが連敗中だろうが勝ちたかった」それだけだった。

 何かあっても大丈夫なように、日曜も月曜も休みを取っておいた。でも、結果的には気分の悪い連休を過ごすことになった訳だけど。。それでも、次の試合は待ち遠しいもんだ。
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-24 03:42 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 21日

団結

・ 団結の中にこそ、力は存在する。
 (フィリピンの格言)

・すべての生命はもちろん、たとえ命のないものであっても、その本質は「団結」の一言に尽きる。石の「団結」は建物であり、板の「団結」は船、そして人間の「団結」は陣営である。「団結」を欠いた建物は崩壊し、「団結」なき船は沈没する。そして、「団結」なき陣営は、敵の思うつぼとなる。
 (ブラジルの作家 アントニオ・ビレイラ)

・兄弟同士よ、団結せよ。それは、第一の法則である。いかなる時でも、真の団結を守れ。なぜなら、身内で争いなどをすると、外から食い破られてしまうからだ。
 (アルゼンチンの作家 ホセ・エルナンデス)

・団結は、諸君の力を百倍にする。
 (イタリアの思想家 マッツィーニ)

・ 一人で見る夢は、ただの夢にしか過ぎない。しかし、みんなで見る夢は、現実となる。
 (ブラジルの詩人 エドアルド・ガレアーノ)
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-21 15:46 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 20日

私は三年寝太郎になりたい

 今日の地震、茨城県南部で震度5弱だと聞いて動揺したけど、大きな被害が無さそうで安心しております。どうも、ばあぐです。


 今日は休日。

 計画では、早起きして東大宮駅前でチラシ配りに加わるはずだったんだけどね。結果的に雨は降らなかったけど、早々に翌日順延になったとのことで。。

 目覚ましは朝8時にセットしたはずなのに、目が覚めたら9時過ぎだった。。ばたばたと身支度をして、朝ご飯を簡単に済ませて、クルマを借りて志木へ。
 選手に意思表示をするでもなく、練習後の選手に声をかけるでもなく。ただ気になっていたので様子を見に行ったような心持ち。ホントにただ行っただけだったけど、今度の休みもまた行っとこうかなぁと思う。

 練習見た後は、そのままクルマで大宮へ。
 服でも買おうかと思ってんたけど、ひと通り店を巡ってみても財布に手を掛ける気が起きない。そう言えば、以前に比べて物欲が弱まったような気がするんだけど、気のせいか?それに、以前に比べて無邪気さも弱まったような気もするなぁ・・・そんな風に感じてたら何故だか自分に腹が立ってしまい、無性に買い物したくてたまらなくなってしまい、そのままクルマで佐野のアウトレットへ行っちゃいました。まぁ大した買い物も出来ませんでしたけどね。。

 ちょっと出かけると言って家を出たはずなのに、帰った頃にはすっかり日も暮れてた。まぁ子供じゃないですから怒られる訳でもありませんが。
 帰ってからは特に何かしてた訳でも無いのに、気が付くと日付けが変わっていた。無為に時間を過ごしてしまったんだけど、やっぱり勿体ないもんですね。次が浦和戦だってこともあるけど、時間があればできることもあったろうし。
 取りあえず、、、寝る前に、ちょっとだけでも紙吹雪を作っておこうかな?
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-20 02:23 | 大宮アルディージャ
2005年 10月 18日

自分から荷物を重くしてはいないか?

【C大阪1-0大宮】

 レアンドロについて思ったこと。
 大宮に来た目的とか、来た時期なんかを考えれば、結果だけ出して欲しい。育てる為に連れてきたんなら、「惜しい」とか「期待できる」とかでいいんだけどね。今の大宮じゃ気長に待ってる余裕は無いよ。決めてくれなきゃ、満足できない。
 どうか満足させて欲しい、後押しは止めないから。それから、僕の調子はずれな一声もちゃんと直すから。

 試合に関しては、確かにいい内容だった。勿論、内容が良かったって言われて救われる立場ではないんだけども。。
 「1点の重み」とか言うけど、そんなに重いもんなのかな?何かこう、自分らで勝手に重みを持たせちゃってるだけなんじゃないの?あと、「1点が遠い」って言うけど、知らない間に自分から遠ざかってたりしてない?・・・なんて、そんな風に考えてしまう僕は、物事を軽んじて捉え過ぎてる?
 取りあえず、自分で自分を呪縛するのだけは勘弁して欲しい。それは選手達だけでなく、僕らもね。


 ここからは私見になるんで、皆さんには当てはまらないとは思うんだけどね。
 必要以上に重い荷を自ら背負うのと同じくらいに勘弁したいのは、目に見えないものを頼りにして楽観すること。ある「条件」が揃ったからといって、次のダービーが前回のダービーと同じような結果になるなんて、そんな道理は無いんだって自分は感じてる。自分は、そういうことを考え始めてしまうと甘ったれてしまうので、そういうことは冗談として軽く流すくらいにしておきたいんだよね。
 勿論、試合に臨む心持ちは人それぞれだから、その人なりに一番いい状態で試合に臨めば良いんだ、と思ってるけどね。自分はただ、私見を晒しただけだから。


 信じる気持ちを伝えるだけでなく。無論、与えられるのを待つでもなく。あくまで「自分達が支えている」という、そんな強い90分間でありたい。
[PR]

by f.c.barg | 2005-10-18 00:27 | 大宮アルディージャ