parmesan higashi-Omiya

barging.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 06日

ポジティブな重圧

 7月5日の早朝、目を覚ましたら既に午前6時を過ぎてた。あれ、何で携帯のアラーム鳴らなかったんだ?って、充電切れてる。。テレビのスイッチ入れたらミサイル飛んできてる。。。
 取りあえず、最後の最後の最後だけは見逃さなかったけども。

 7月6日の早朝、携帯のアラームで午前3時45分に目を覚ます。テレビのスイッチ入れて、智佳に電話して、試合が始まって・・・気が付くと、もう前半も半ばまで過ぎてるし。次の瞬間、気が付くと既にハーフタイム。。その次の瞬間、リカルドが最前線まで上がってきてる。。。あ、終わった。
 取りあえず、試合後のジダンとフィーゴの「ちょっといいシーン」だけは見られたけども。

 せっかく足を突っ込んだワールドカップだからね、眠かろうと堅い試合になるであろうと、最後はちゃんと見ておきたいもんだ。
 てか、もうすぐ終わっちゃうんだね。それはつまり、おれ達のリーグが再開するって事なんだけどさ。それはそれで、やっぱ寂しいね。


 そうそう、ジダン。
 ジダンとフランス代表を見てるとつい思っちゃうよね、羨ましいねって。当の本人が望もうとと望まかろうと、やることやった奴には華のある花道があってしかるべきだもの。
 それと、ジダンが言った「PKを成功させるには重圧が必要。それはポジティブな重圧だ」ってのは、いい言葉だね。


↓内容とは全然関係ないけど、普及活動しておきましたんで。。
b0010964_22483195.jpg
[PR]

by f.c.barg | 2006-07-06 22:18 | フットボウル


<< FOOTBALL again...      おれ達の声は、誰かの誇りとなり... >>